スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One Village One Earth

こんにちはやまおです

今日の神戸は風は冷たいものの、日差しがきもちいいですね。

さて、今から

"one village one earth"に行って来ます
おなじみフェアトレードショップのリエゾンさんとみみずく舎さんの共同店です。

今週末のmanaカフェで出すチャイとケーキのために、紅茶買って来ます

楽しみ
スポンサーサイト

シサム工房 大阪堀江店

堀江に行く用事があったので、少し寄り道してシサム工房に行ってきましたー

岡本店とは少し雰囲気も違って、よりエスニックな感じでしたよ*
ロフト風の2階もあって可愛いッ

お店の方と少しだけお話してきました*急いでいたのでほんとに少しでしたが…(´・ω・`)

全店舗の地図が載ったしおりとカード(?)を1枚ずつくださったのでまた持っていきますね。


お買い物とは、
どんな社会に一票を
投じるかということ。

What you buy is
what you vote


↑こんな言葉も書かれていていい感じなので、生協のフェアトレードコーナーに置いてもいいかもしれません


時間のある時にもう一度ゆっくり来たいなーと思いました誰か一緒に行きませんか??笑



以上、報告まで☆
ななちゅんでした(・ω・)

フェアトレードショップめぐり☆

8月30日に東京に行った際、横浜にある地球市民かながわプラザ2Fにあるネパリ・バザーロ「Verda」直営店に行ってきました。

Verda


オシャレでとても雰囲気のいい店内で、外大生協のコーナーに置いているクッキーやカレーはもちろん、その他にも雑貨・小物・鞄・服などなど、かわいい商品が目白押しでした!
これは写真におさめたいと思い、店員さんにかけあってみたところ事務局と電話をつないでいただいて、撮影許可を得ることができました。MANAのことや、9月のイベントのことなどをお話すると非常に興味を持っていただいて、私もそのつもりはなかったのですがショップ紹介をさせてもうことにしました。
こうやって学生が活動している様子を見ると励みになると言っていただき、私もすごく嬉しかったです。9月のイベントの模様を送ることになったので、いいものにしたいですね。

その後店内をずっと見てまわって、いろいろな商品をじっくりみているとやっぱり欲しくなり、迷った末にネックレスを購入しました^^バッグや服など欲しいものだらけでしたが、気に入ったものを見つけられてよかったです。

そして電話した際に事務局の方から、近くなら鎌倉にネパリの商品を入れているフェアトレードのお店があるので時間があるなら観光がてらに行ってみては、といい情報をいただいたのでさっそく行くことに。
本当は表参道にあるPeople Treeに行く予定だったのですが、鎌倉まで片道160円で行けてしまうのでこの機会に訪れるのもいいかと思いまして。自由な旅は大好きです(笑)


鎌倉にあるお店は「かまくら富士商店」といって、駅から鶴岡八幡宮に向かう道沿いにあり、八幡宮のすぐそばでとてもわかりやすい場所にありました。


(しかし私は観光案内所の方の勘違いでちがう道を教えられかなり彷徨いました《汗)
とてもちいさなお店ではありますが、たくさんの商品を置いていてここもとてもいい雰囲気でした。
店員さん(とても明るく優しいおばさま)にここに来た理由を伝え、MANAのことやイベントのこともお話するとなんだか盛り上がり?しばらくずっとおしゃべりしていました。

ここは観光地だから日本各地から、また外国人の方も大勢訪れるのでとてもいい場所だと言っておられました。例えば、お店に来たイギリス人男性はもう20年近くフェアトレードやっていて、このお店ももっと拡大すべきだと話されたそうです。さすがイギリスですね。店員さんもできるならそうしたい、もっとお店を大きくすることが夢だと語っていましたが、実際日本ではまだ知名度が低く、売り上げも赤字で簡単にはいかないという現実があるということも教えていただきました。
しかし年々フェアトレードの存在が広まり、お店の売り上げも少しずつ伸びてきていることも事実なので夢もそう遠いものではないかもしれません。

店員さんによると、観光客も多いけれど私たちのような学生もかなり多いそうです。東京・神奈川近郊からはもちろん北は札幌から来たという学生さんたちもいたそうです。彼らもフェアトレード団体を学内で立ち上げ活動していて、観光がてらお店を巡っているみたいです。フェアトレードの広まり方は学生たちがいちばんはやいと驚いていました。そしてそうやって若い世代に広まるのはすごく嬉しいと。
私もますます頑張りたいと思いました!

ここでも写真をたくさん撮り、店員さんに他にもたくさんあるフェアトレード団体のカタログを一式いただいちゃいました。これらはぜひ何かで活用したいと思います。とりあえずMANAで所有しましょう。
あと、ネパリ・バザーロ代表の土屋さんや副代表の方はとってもいい方で非常にフットワークが軽く、講演会など呼ばれればわりとどこにでも出向いて無料で行ってくださるそうで、店員さんに「ぜひかけあってみたらいい」と言われました。実現すればすごいことだと思います。何かイベントに合わせてとかできたらいいですね!


ベルダもそうですが、ここでもいろいろなお話が聞けて、充実した時間を過ごせてほんとうによかったです。みなさんも鎌倉に行かれた際にはぜひお立ち寄りくださいまし。次に行くときにはお店拡大してるかもしれませんね~。


私はまだまだ勉強不足で知らないこともたくさんあり、今回の旅でさらに知識を深め、情報を得たいと思うようになりました。MANAの活動を通して、MANAのみなさんとの関わりを通してたくさん学んでいきたいと思います。

これからも活動がんばりましょう!


以上、報告でした。                      鈴木

[メキシコ][コーヒー]GIGANTEにて

Fertil こんにちは、水野です。また少し更新をサボっています。ごめんなさい。あえて言い訳をさせてもらうと最近は学校の勉強が忙しく授業の準備が大変で・・・と言うわけではなくただ単に無駄遣いをしすぎてお店にいくお金がなくなってしまっただけです(^^;)今回はそんな貧乏な状況ならではのお話です。

 カフェやレストランにも行けない最近の自分ですが、それでもコーヒーは飲みます。メキシコではカフェやレストラン、路上のPuesto(屋台)以外にも、気軽に家でフェアトレードコーヒーを飲むことができます。というのも日本ではまだまだ一般の量販店、スーパーなどにはフェアトレードコーヒーが置いてありませんが、メキシコでは大体どこのスーパーにもフェアトレードのコーヒーがおいてあるために気軽に購入できるからです。また、日本で買った場合かなり高価なフェアトレードコーヒーも、こちらで買えばそんなに高価でもありません。もちろん他の一般のコーヒーと比べれば割高にはならざるを得ないのですがそこはメキシコ、概して食品の物価自体が日本と比べてかなり安いので多少割高でも十分許容範囲内なのです。また、コーヒーに限って言えばメキシコで販売されているフェアトレードコーヒーは大体が国産(主にチアパス、オアハカ)なので輸送などのコストが押さえられるというのが大きいのでしょう。そういうわけでメキシコの大手のスーパーであるComercial MexicanoやGiganteには大体フェアトレードコーヒーがおいてあります。ただWALMARTの場合は店舗の大きさによるようです。
   
 写真のコーヒーですが、これはGIGANTEで買ってきたものです。昨日、家に帰る途中で何気無く立ち寄っただけだったのですが普通454グラムで75ペソのところが約20ペソと言うとんでもない値段だったので衝動買いしてしまいました。ちなみに缶入り(340グラム)のものもあり、こちらは約60ペソのところこれまた20ペソになっていました。僕が見た時点でもかなりの在庫があったようですのでもしかしたら割高で売れないフェアトレード商品を一掃するためのセールだったのかもしれません。またそのうち様子を見に行ってみたいと思います。


cafe1.jpg

[メキシコ][お店]Papalotl

palotlこんにちは、水野です。前回に引き続きフェアトレード商品を扱ったカフェ・レストランの紹介です。今回紹介するのはPapalotlというレストランです。ナワトル語で「蝶」を意味するこのレストランは以前の記事でも一回触れましたが、今回は実際の体験を元にもう少し詳しく紹介したいと思います。

 このお店は僕の通うUNAM(メキシコ国立自治大学)のすぐ近くにあります。具体的な住所はこの記事の最後に載せておきますが本当にすぐ近くです。そのためお昼時ともなると大学の職員や教員、研究者、生徒などで非常にごった返します。お昼時(といってもメキシコでは日本と違い混み始めるのは2時くらいからです。)ともなるとお店の前のベンチで常に何人かの客が順番を待っています。

 さて、肝心のメニューですが多かったので覚えきれませんでした(--; というか常に頼むのはMenu del diaなのでそれ以外のものを覚えていないのが本当です。本当はコーヒーだけでもそれなりの種類があり、コーヒー以外にもチョコレートなどもあるのですが・・・また今度行ったときにがんばって覚えてこようと思います。ただどの飲み物も大体10ペソ台後半から20ペソ代前半というところだったと思います。肝心の日替わり定食は基本的に以下のようになっています。

・agua(フルーツの果汁が入った水、なっちゃん程度の濃さ。どの果物かは日替わり)
・日替わりスープかコンソメスープ
・ご飯かパスタ
・日替わりのメニュー3つの中からひとつ、もしくはArrachera(牛肉のステーキ、とてもやわらかい。)
・コーヒーか紅茶

この中からいろいろと選んでいくのですが日替わりメニュー3つの中からメインを選んだ場合は40ペソ、対してAracheraを頼んだ場合は50ペソとなっています。食後のコーヒーまで含まれているため、今までコーヒーだけを頼むということはありませんでした。

 前回に行ってきたときは僕は日替わりスープ、パスタ、Arrachera,そしてコーヒーを頼みました。そのときのスープは確かnopal(食用のウチワサボテン)が入っており、とてもおいしかったです。それまではnopalは焼いたものしか食べたことが無かったので、スープに入れるというのはひとつの発見でした。今では自炊時にインスタントラーメンやスープなんかによく入れてます。その後のパスタはさすがに取り立ててというほどでもなかったのですが、メインは予想以上によかったです。メインの肉はさすがに50ペソとるだけのことはあってジューシー(死語?)でなおかつ肉はとても柔らかかったです。しかしおいしかったのは肉だけでなく、肉に添えてあったサラダがまた珍しく新鮮で久しぶりにおいしい生野菜を食べることができました。もちろんそれなりのレストランに行けば新鮮なサラダを食べることは簡単なのでしょうが僕の行くような程度のレストランでは望むべくも無く、かといってウォルマートやらで買ってくるにしても生なだけに事前処理(なんたらいう薬品に漬け込むらしい。)がいろいろと面倒なのです。久しぶりに生野菜のありがたさを感じました。

 以上の主な料理も食べ終わり、連れの留学生とコーヒーを飲みながら談笑していると突然その店の店員さん、というかおっちゃんがケーキがいっぱい載った皿を持ってきて「どれにする?」なんて聞いてきました。あれ、ケーキも料金に含まれてたっけ?、もしかしてサービス?などと思いながら聞き返してみると答えは“No. cada uno cuesta 25 pesos”。じゃあそんな風に持ってくるなよ!なんて思いつつもそのおっちゃんのノリの良さ、そしてメキシコに来てからあまり甘いものを食べていなかったこともありケーキも頼んでしまいました。別に何の変哲も無い(というとお店に失礼ですが)久しぶりに食べるケーキはうまかったです。

 と、そんなことがあってからちょっと豪華なお昼ご飯を食べたいな、というときにはこの店に行くようにしています。いつ行っても店員さんはてきぱきと仕事をしていて気持ちよいので中々気に入っています。もっとも、混雑しているときが多いためコーヒー一杯で長時間居続けるとなんとなく気がとがめてしまうのが難点ですけどね。今日も写真を撮り損ねてしまったのでまた今度行ったら写真を掲載しようと思います。

以下はPapalotlの住所と行き方です。

行き方
UNAMの経済学部前の学外へ通じる出口を出てまっすぐ行くと、100mもしないうちに歩道にベンチを置いたお店が見えてきます。

住所
Cafetería Papalotl
Comercio y Administración # 40
Col. Copilco, Universidad
Tel: (55)5658-7510



メキシコの夕暮れ以上、19時過ぎなのにまだまだ明るいメキシコからでした。





01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。