スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生協]フェアトレードコーナー改装

こんばんは、徳本です。生協FTコーナーの改装状況について報告します。

 今回の改装の目的はおもに二つです。一つ目はコーナー自体をもっと目立たせることです。理由は、フェアトレードコーナーの知名度が思った以上に低かったからです。そして二つ目は、商品を「売る」ことにもっと力を入れるということです。商品として店に並べている以上、FTの説明のみならず、もっと消費者に買ってもらえるような工夫をしたい、という思いがありました。

 具体的には、まずフェアトレードの説明と飾りを天井から吊るして、コーナーの存在をアピールしました。次に、それぞれの商品にメンバー自身の視点からコメントをつけました。実際に食べたり飲んだりして書いたものなので、とても参考になるのではと思います。最後に、今月のおすすめと題したコーナーを作り、特に推したい商品を定期的に取り上げることにしました。ちなみに今回はカレーです。写真付きで作り方を説明したりコメントをたくさんつけたりしています。

 今後やることは、FTコーナーの側面を使ってFTの詳しい説明をすることです。普通の貿易と比較するとか、Q&A方式にするなどの案が出ています。それについてはまた月曜日のミーティングで話し合います。

徳本ちさき
スポンサーサイト

[メキシコ][お店]Papalotl

palotlこんにちは、水野です。前回に引き続きフェアトレード商品を扱ったカフェ・レストランの紹介です。今回紹介するのはPapalotlというレストランです。ナワトル語で「蝶」を意味するこのレストランは以前の記事でも一回触れましたが、今回は実際の体験を元にもう少し詳しく紹介したいと思います。

 このお店は僕の通うUNAM(メキシコ国立自治大学)のすぐ近くにあります。具体的な住所はこの記事の最後に載せておきますが本当にすぐ近くです。そのためお昼時ともなると大学の職員や教員、研究者、生徒などで非常にごった返します。お昼時(といってもメキシコでは日本と違い混み始めるのは2時くらいからです。)ともなるとお店の前のベンチで常に何人かの客が順番を待っています。

 さて、肝心のメニューですが多かったので覚えきれませんでした(--; というか常に頼むのはMenu del diaなのでそれ以外のものを覚えていないのが本当です。本当はコーヒーだけでもそれなりの種類があり、コーヒー以外にもチョコレートなどもあるのですが・・・また今度行ったときにがんばって覚えてこようと思います。ただどの飲み物も大体10ペソ台後半から20ペソ代前半というところだったと思います。肝心の日替わり定食は基本的に以下のようになっています。

・agua(フルーツの果汁が入った水、なっちゃん程度の濃さ。どの果物かは日替わり)
・日替わりスープかコンソメスープ
・ご飯かパスタ
・日替わりのメニュー3つの中からひとつ、もしくはArrachera(牛肉のステーキ、とてもやわらかい。)
・コーヒーか紅茶

この中からいろいろと選んでいくのですが日替わりメニュー3つの中からメインを選んだ場合は40ペソ、対してAracheraを頼んだ場合は50ペソとなっています。食後のコーヒーまで含まれているため、今までコーヒーだけを頼むということはありませんでした。

 前回に行ってきたときは僕は日替わりスープ、パスタ、Arrachera,そしてコーヒーを頼みました。そのときのスープは確かnopal(食用のウチワサボテン)が入っており、とてもおいしかったです。それまではnopalは焼いたものしか食べたことが無かったので、スープに入れるというのはひとつの発見でした。今では自炊時にインスタントラーメンやスープなんかによく入れてます。その後のパスタはさすがに取り立ててというほどでもなかったのですが、メインは予想以上によかったです。メインの肉はさすがに50ペソとるだけのことはあってジューシー(死語?)でなおかつ肉はとても柔らかかったです。しかしおいしかったのは肉だけでなく、肉に添えてあったサラダがまた珍しく新鮮で久しぶりにおいしい生野菜を食べることができました。もちろんそれなりのレストランに行けば新鮮なサラダを食べることは簡単なのでしょうが僕の行くような程度のレストランでは望むべくも無く、かといってウォルマートやらで買ってくるにしても生なだけに事前処理(なんたらいう薬品に漬け込むらしい。)がいろいろと面倒なのです。久しぶりに生野菜のありがたさを感じました。

 以上の主な料理も食べ終わり、連れの留学生とコーヒーを飲みながら談笑していると突然その店の店員さん、というかおっちゃんがケーキがいっぱい載った皿を持ってきて「どれにする?」なんて聞いてきました。あれ、ケーキも料金に含まれてたっけ?、もしかしてサービス?などと思いながら聞き返してみると答えは“No. cada uno cuesta 25 pesos”。じゃあそんな風に持ってくるなよ!なんて思いつつもそのおっちゃんのノリの良さ、そしてメキシコに来てからあまり甘いものを食べていなかったこともありケーキも頼んでしまいました。別に何の変哲も無い(というとお店に失礼ですが)久しぶりに食べるケーキはうまかったです。

 と、そんなことがあってからちょっと豪華なお昼ご飯を食べたいな、というときにはこの店に行くようにしています。いつ行っても店員さんはてきぱきと仕事をしていて気持ちよいので中々気に入っています。もっとも、混雑しているときが多いためコーヒー一杯で長時間居続けるとなんとなく気がとがめてしまうのが難点ですけどね。今日も写真を撮り損ねてしまったのでまた今度行ったら写真を掲載しようと思います。

以下はPapalotlの住所と行き方です。

行き方
UNAMの経済学部前の学外へ通じる出口を出てまっすぐ行くと、100mもしないうちに歩道にベンチを置いたお店が見えてきます。

住所
Cafetería Papalotl
Comercio y Administración # 40
Col. Copilco, Universidad
Tel: (55)5658-7510



メキシコの夕暮れ以上、19時過ぎなのにまだまだ明るいメキシコからでした。





[メキシコ][お店]The Green Corner

こんにちは、水野です。「毎週メキシコ市内のフェアトレードカフェを回ってレポートを書く」などといってまったく更新をしていませんでした。すいません。しかし毎週ではないにしてもいくつかのお店には通っていたのでそれらを纏めて紹介したいと思います。

The green corner 一つ目に紹介するのがThe Green Cornerというレストラン。メキシコなのに英語の名前というのも珍しいのですが、メキシコにあって中々珍しいおしゃれなレストランです。このThe Green Cornerというレストラン、実はメキシコ市内に4店舗ほどすでに開業していまして、中々人気のあるお店のようです。僕が行って来たのは家の近くにあるちょっとおしゃれなCoyoacan(コヨアカン)地区にある店舗です。ここの店舗は三階建てでなんともおしゃれな感じがする外観を持ち、一階はガレージ、二階がフェアトレード商品や有機作物などの商品が置かれたスーパー、三階がレストランとなっていました。

階段を上がってみるとMenu del dia (日替わりメニュー)の黒板があり、その日の料理を紹介しています・・・が、高い。日替わり定食80ペソ(約800円)なり。有機栽培の食料品を使い、なおかつこじゃれた感じのレストランとあっては無理もありませんが日ごろ25ペソ(約250円、以前は23ペソ、約230円)の学食や一袋2ペソ(約20円)の丸ちゃんを食べなれている僕にとってはかなりの高級料理です。
    
 といって店の前で固まっていてもしょうがないので意を決して三階のレストランに入るとそこはメキシコであってメキシコで無いような空間でした。光を通す素材で作られた天井からは光がさし、店舗内に並ぶテーブルやソファもVIPsやスタバぐらいでしかお目にかかれないような綺麗さです。恐る恐る席に座って周りを見渡してみればさすがこの地区だけあっていかにも中流といった感じの家族が団欒中でした。 
 
店舗内 その後待つこと10数分、やっと店員さんがcarta(メニュー)を持ってきてくれました。やれやれと思いながらもメニューを開けてみると案の定それなりの値段のブツどもが並んでいます。ただ例外なのが飲み物系で、ジュースが10ペソ~、コーヒーも12ペソ~と意外な値段でした。しかしそれ以外はどれも(自分にとっては)中々のお値段なのでこれならどれを食べても同じだとばかりに意を決して”Menu del dia, por favor”(日替わりメニューください)と言ってみた所、返ってきた返事は、“perdon, ya se acabo”(吸いませんがもう終わってしまいました)。自分にとっては結構な決断だったのですが無いものはしょうがない、ということでその他の中でそれなりにおなかが膨れそうでなおかつ安めだったPASTA AL POMODORO(ポモドーロ風のパスタ? 60ペソ)とせっかくなのでコーヒーを一杯頼んでみました。

 今度は意外と早く料理が出てきたので早速「いただきます」と小声で言いつつ頂きました。実はどんなパスタかも知らずに頼んだのでしたが出てきたのは時々見かける蝶々の形をしたパスタにトマトソースをかけたもの、味はおいしかったのですが特にものすごくというほどではありませんでした。とはいえ量も中々でおまけにパンもついてきたのでまぁそれなりに満足できたと思います。帰りには二回のスーパーのほうにも寄ってみたのですがメキシコのフェアトレードコーヒーで知っている銘柄がいくつかとそれらの会社が手がけているチョコレートなどの製品もおいてありました。そのほかにも野菜やチーズ、ジャムなどの加工食品、それにアメリカ製のラーメン、そば、うどんなど中々面白い品揃えになっていました。

 日替わりメニューを食べることができなかったのは少し惜しかったですがお店の雰囲気もよく、また店員さんもメキシコにしては親切で仕事もするほうだったのでまた今度コーヒーでも飲みに行きたいと思います・・・というかこの文章、以前のことを思い出しながら同じお店でコーヒーを飲みつつ書いていたりするのですけどね(^^;ちなみに今回頼んでいるのはケーキセット(コーヒーとケーキで40ペソ)です。コーヒーだけなら安いのですがコーヒーだけ頼むと必ず“Algo mas?” “No hay mas?”(他に何か無いですか、以上でよろしいですか)などとあたかもコーヒーだけ頼むのはありえないといった風な顔で聞いてくるのでついつい頼んでしまいました。・・・ああこんにゃくの意志。

 とまぁ財布が悲鳴をあげている今日この頃ですが、店自体は中々お勧めなので機会がある人は行ってみてください。以下はお店の中の様子とThe Green Cornerのウェブサイトと各店舗の情報です。

価格表
トルタ・サンドウィッチ 35ペソ~
サラダ 45ペソ~
前菜 25ペソ~
メイン(パスタ、ペチューガ、ミラネサなど)50ペソ~
飲み物 コーヒー12ペソ~
ジュース 15ペソ~
ケーキ 25ペソ~

住所
Sucursal Coyoacan 店
Av. M.A de Quevedo No. 353 Esq. Prolongación Zaragoza, México, D.F.
Sucursal Condesa 店
Mazatlán No.81 Col.Condesa, México D.F.
Sucursal Polanco店
Homero No. 1210  Col. Polanco Reforma, México D.F. 
Sucursal Cuajimalpa 店
José Ma. Castorena No. 395 Plaza Cuajimalpa Col. Cuajimalpa Centro México D.F. 

ウェブサイト
http://www.thegreencorner.org/

日本の雑誌にも紹介されているようです。
Canpan ニュース詳細 【ソトコト】 街角に自然が蘇る。有機農業を応援する緑のカフェ (2006年10月号)
http://canpan.info/open/news/0000001370/news_detail.html
(2007年4月14日最終アクセス)








[イベント][難民]「難民×映画」 Lost Boys of Sudan 

◆◇ 「難民×映画」 Lost Boys of Sudan ───── ◇◆

 映画を通じて、難民のことを一緒に考えてみませんか?

 ケニアの難民キャンプを経て、第三国定住としてアメリカに受け入れられたスーダン人難民孤児を追う、ドキュメンタリー映画を上映します。上映後、アメリカの難民受け入れ政策の現状、定住難民を取り巻く状況や困難について講演を行います。

日時: 2007年4月21日(土) 午後2時30分~4時
30時
会場: 神戸クリスタルタワー10階
    ひょうごボランタリープラザ/セミナー室
   (神戸市中央区東川崎町1-1-3)
交通: JR「神戸駅」徒歩2分
    神戸高速鉄道「高速神戸駅」徒歩7分
http://www.hyogo-vplaza.jp/institution/03.html

内容:
(1) 映画 「Lost Boys of Sudan」
 ※1時間/アメリカ映画。言語は英語。一部、日本語解説あり。
  詳しい映画情報:http://www.lostboysfilm.com/

(2) 講演 「アメリカの難民受け入れ政策の現状について」
 講師:Scott Hansen氏(駐日米国大使館政治部)
 ※日英逐次通訳あり。

定員: 40名
参加: 無料
主催:
駐大阪・神戸米国総領事館 関西アメリカン・センター
財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
アジア福祉教育財団 難民事業本部

要予約: お名前、連絡先を下記まで
     4月20日(金)までにお知らせください。

問合せ・申込先: 難民事業本部 関西支部
〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-1-18 日本生命神戸駅前ビル
11F
Tel:078-361-1700 Fax:078-361-1323
Email:kansai@rhq.gr.jp URL:http://www.rhq.gr.jp
03 | 2007/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。