スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで話し合いました

とくもとです。先日24日の活動について報告します。
この日は、以前からあがっていた4つの疑問

1、現在の社会で何が起こっているのか?グローバリゼーションとは?
2、持続可能な開発って?
3、フェアトレード商品の価格構成はどうなっているのか?
4、「購入することが国際協力」の意味?

について、調べてきたことや自分の考えを出し合いながら、manaとしての見解をまとめていきました。それぞれがいろんな角度からの意見を発表しあい、なかなかに熱い議論をおこなうことができました。

その結果、

Q1、現在の社会で何が起こっているのか?グローバリゼーションとは?
A、「政治や経済、あるいは文化的な諸活動が国境を越えて展開し、各国内で創り上げられてきた制度や機構、慣習や規範、生活スタイルや娯楽などの諸様式を変化させ、近代において創り出された境界を解体している」
(伊豫谷登士翁氏によるグローバリゼーションの定義をmanaが解釈したもの)

グローバリゼーションの良い面
・遠くのモノ、金、人、情報が身近になる。
・より多くの人と、言葉を通じ合えるようになる。
・「より安く、より良いもの」を選択できるようになる。

グローバリゼーションの悪い面
・恩恵を受けるのはほんの一握りの人々。
・経済的植民地化状態がうまれている。
・独自性が失われ、世界が均質化している。
・テロの増加、国家の崩壊。

Q3(Q4と統合)、フェアトレード商品の価格とその意味
A、フェアトレード商品が一見高く思えるのは、①生産者が本来得るべき生産コスト②生産規模の小ささから来る流通コスト③無農薬栽培など「安全な食」への取組みから来るコスト、が含まれているからです。つまり、フェアトレード商品の価格は、公正な取引や食の安全への取組みの結果なのです。フェアトレード商品は決して特別なものではありません。
 また、政府がフェアトレード商品に対して援助金を出すことで、なるべく一般商品に近い値段で売ることができる体制を作っている国もあり(イギリスなど)、それらの国と比べると、日本ではフェアトレード商品に割高感があるようです。

となりました。

Q2については、私自身議論したものをまとめなおしているときに疑問に感じる点があったので、ここには書かないでおきます。

今回話し合ったものは、生協フェアトレードコーナーの側面にて掲示予定です。フェアトレードについてより深く考えてみたいという人たちに、見てもらえればと思います。

議論の様子

スポンサーサイト

[マナ]5月14日ミーティング


 タケモトがまとめます。今日はたくさん見学の方が来てくれてよかったです。勉強会的なMTGでしたが、後で見学に来てくれた子と会って話聞いたら「全然堅苦しくなくてとてもいい雰囲気でした。来週も来たいです!」と言われました。限られた時間の中でしたが、


1、「持続可能」ってどういうこと?

2、現在の社会で問題になっていることは何なのか?(グローバリゼーション、南北問題に関して)

3、FT商品が高い理由

4、「購入することが国際協力になる」ってどういうこと?


といった先月
か ら挙がっていた「4つの疑問」についてみんなで報告会をしました。来週も生協のFTコーナーにどのようにまとめるかについて話し合います。告知したイベン ト参加できる人もいてうれしいです。3限目もなぜかMANAの延長で人生やらMANAの今後の方向性についてまったり話す時間となりました。ああいう密度 の濃い話し合いが週に1回でも継続できるといいですね。来週からはMTGの冒頭にMANAに身近な題材を取り上げたいと思ってますので、みんなのアンテナ 作りをできるようなブレインストーミングをしていきましょう。ではでは!


5・12伊藤千尋さん講演会レポート

昨日は大阪でのDAYS JAPAN関西サポーターズクラブ主催の伊藤千尋さんの講演会に竹本・あゆみちゃん・その他友人引き連れて行ってきました。外大生も結構来てて、この講演会への関心の高さが伺えました。羽田さんありがとうございました!そして伊藤さんを囲んでの飲み会も、幹事さんが終わりを宣言していなかったら翌朝までいってしまいそうなくらいに盛り上がりました(笑)


「もっとすてきな世界にしよう」とのテーマのもと伊藤さんの講演は始まったわけですが、主に市民の「勇気ある始めの一歩」について実例をあげて、そして私たちにできることは山ほどあると語ってくださりました。新聞記者である以前にジャーナリストであることを強く意識してらっしゃると感じました。


9・11後のアメリカ議会でただ一人"反乱"をした議員の話。平和憲法を持つ自国がイラク戦争に加担したのは違憲だとして大統領を訴えて勝訴したコスタリカの大学生の話。それより年少の8歳のコスタリカの子どもは違憲訴訟をした話など興味深いエピソードをもって、個の力の大きさを語ってくださりました。平和憲法を持つ国は世界に2つ、日本とコスタリカだけです。日本が実際に”軍隊”を持っているのではないかという話はさておき、この二国で決定的に違うのは市民の憲法に対する接し方の違いです。日本人は憲法をもっと「使う」べきだと話されていました。


講演を聴いて、自分にまたMANAを立ち上げたあの若かりし頃のエネルギーとアイディアがみなぎってきました(笑)個人的に、あるいは人を巻き込んでやりたいことはたくさんあるんですが、大それたことから始めるのではなく、身近にできることからコツコツやることが大切なんですね、きっと。あとは自分の進路をいかに自分で切り開いていけるかだと思います。自分が輝くような目標にむかって人生選択をするとまわりが輝く、まわりが輝くと地域が輝く…そんな積み重ねなんやと思います。社員ひとりひとりの力が会社の力となるように、ひとりひとりの市民力が国の行く先を決めるんですよね。


伊藤さんはあまりコスタリカの現状に踏み込んで話してはいませんでしたが、コスタリカの今日を知るものとして一つ言っておくと、コスタリカはユートピアではありません。日本よりずっと大変な国内情勢と国際問題を抱えて生きています。それでも市民は自分の国を知り、自分の意見を持って国の舵取りをしていこうという意識が当たり前になっています。


憲法だなんだっていうと堅苦しく聞こえがちですが、身近な問題にアンテナを立てることから変化は起こるはずです。いろんな活動に陰ながら携わってる自分も楽しいからやるんですが、伊藤さんも「楽しんでやることが一番大事」とおっしゃってました。あらゆる分野でイニシアティブを取れる可能性がある国だからこそ、今の若い人には選択肢を選ぶのではなく作って欲しいとのことです。

[マナ]試飲会準備

mana


こんばんは。徳本です。きょう、明日の試飲会にむけて準備をしました。


明日出す商品は


1、トセパンコーヒー


:生協店舗でおすすめコメントを出しているから。また、実際一番売れているようなので。


2、チャイ


:おいしそうだから(?)。 


3、カムカムドリンク


:「飲んでみたいけど高いから。。。」と購入を躊躇する人が結構いるから。 


4、ドライマンゴー


:おいしさを知ってもらいたいから。


です。今日はチャイ作りの練習やカムカム試飲、掲示板作り、備品準備などをしました。刑事やポップは、はっきり言って使いまわしと新しく作ったのと半々くらいです。今回は新入生へアピールできる機会なので、フェアトレードの存在とmanaの存在を知ってもらうことをテーマに作りました。


卒業生が抜け、新メンバーが入ってきたり大御所メンバーが戻って着きたりと少し変化のあったmanaですが、最近のミーティングや作業を通して着実に仲が深まりつつあるように感じます。他愛のない話からFTや社会に関する真剣な話まで、気楽にできる雰囲気があります。やっぱり、何かを一緒にやるなら仲良くなったもん勝ちですよね。これからもお互いに刺激しあっていけたらいいなと思います。


 


明日、がんばりましょう!

more...

[メキシコ][コーヒー]GIGANTEにて

Fertil こんにちは、水野です。また少し更新をサボっています。ごめんなさい。あえて言い訳をさせてもらうと最近は学校の勉強が忙しく授業の準備が大変で・・・と言うわけではなくただ単に無駄遣いをしすぎてお店にいくお金がなくなってしまっただけです(^^;)今回はそんな貧乏な状況ならではのお話です。

 カフェやレストランにも行けない最近の自分ですが、それでもコーヒーは飲みます。メキシコではカフェやレストラン、路上のPuesto(屋台)以外にも、気軽に家でフェアトレードコーヒーを飲むことができます。というのも日本ではまだまだ一般の量販店、スーパーなどにはフェアトレードコーヒーが置いてありませんが、メキシコでは大体どこのスーパーにもフェアトレードのコーヒーがおいてあるために気軽に購入できるからです。また、日本で買った場合かなり高価なフェアトレードコーヒーも、こちらで買えばそんなに高価でもありません。もちろん他の一般のコーヒーと比べれば割高にはならざるを得ないのですがそこはメキシコ、概して食品の物価自体が日本と比べてかなり安いので多少割高でも十分許容範囲内なのです。また、コーヒーに限って言えばメキシコで販売されているフェアトレードコーヒーは大体が国産(主にチアパス、オアハカ)なので輸送などのコストが押さえられるというのが大きいのでしょう。そういうわけでメキシコの大手のスーパーであるComercial MexicanoやGiganteには大体フェアトレードコーヒーがおいてあります。ただWALMARTの場合は店舗の大きさによるようです。
   
 写真のコーヒーですが、これはGIGANTEで買ってきたものです。昨日、家に帰る途中で何気無く立ち寄っただけだったのですが普通454グラムで75ペソのところが約20ペソと言うとんでもない値段だったので衝動買いしてしまいました。ちなみに缶入り(340グラム)のものもあり、こちらは約60ペソのところこれまた20ペソになっていました。僕が見た時点でもかなりの在庫があったようですのでもしかしたら割高で売れないフェアトレード商品を一掃するためのセールだったのかもしれません。またそのうち様子を見に行ってみたいと思います。


cafe1.jpg
04 | 2007/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。