スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7・14 私とコスタリカと平和憲法@京都

武田先生より上記イベント報告の転送がありましたが、私と生協ピースプロジェクトの友人2名、計3名でその日参加してきました。
昨日激動の参院選挙も終わったということで、選挙関連ということで思い出したかのようにイベント報告アップします(笑)

7月14日(土)@キャンパスプラザ京都で、軍隊を持たない平和国家として知られる永世中立国家コスタリカの平和ビデオ(主に選挙中のコスタリカの取材・インタビュー。コスタリカ研究家・足立力也さん制作)の上映とコスタリカ人ロベルト・サモーラさんの講演がありました。

この日は台風が大接近ということで主催者側は聴衆ゼロも覚悟していたのらしいのですが、蓋を開けてびっくり。定員289名の講堂に100人は集まっていたのではないでしょうか。約1年半の日本滞在で70本近くの講演をこなしてきたロベルトさん。最後の講演となった京都で一番感動したのは、この講演がもっとも多く若者が集まったことだそうです。活気もありました。見たところ同年代の学生はたくさん集まっていましたし、質疑応答コーナーの前には本当に多数の質問が2人に寄せられて、足立さんが質問の絞り込みに追いつかないほどでした。

講演の前半は足立さんによるコスタリカの概説。自作のDVDを見ながら、コスタリカでの選挙期間中の様子、投票当日の首都サンホセの様子を紹介してくださいました。6歳以上の子どもたちによる模擬選挙が行われる国としても知られており、投票の日は家族連れが目立ちます。入り口を抜けると投票所が二手にわかれていて、子どもたちの投票所、有権者の投票所があるんです。もちろん子ども投票所の「選管委員」は子どもです。小学生に候補者に投票した理由を聞いても「顔が好きだから」とか「CMの歌がいいから」などそんな理由ばっかりですが、これでいいんです。投票用紙を手にし自分で選んで投票する=選挙権の行使というのを体で学んでいくのが重要なのでしょうね。

去年、コスタリカに長いこと滞在していた私ですが、この国のいいところは政治を身近なテーマとして語りやすい雰囲気があることだと思います。音楽の趣味を話すのと同様に、大学でも友達との日常会話にちょっとした政治の皮肉が出てきたり、現在の政策について意見を交わしたり、街角をデモ行進したり(といっても日本のそれとは違い、お祭り半分ですが…笑)と、本当に市民ひとりひとりが簡単に共感や違和感を表明します。
この前の伊藤千尋さんの講演会の話にも通じますが、普段の生活で「おかしい」と感じたことを表明するのが「市民力」であり、権利は「守る」のではなく「行使」することで国の行き先を決めるのだと感じました。

後半は、大学時代に米国のイラク戦争を支持した時の大統領を憲法違反で訴え、勝訴したサモーラさんのお話。裁判所に訴訟を起こした動機や反響を聞かれると、「こんなことで注目される自体おかしい。コスタリカ人のアイデンティティの中に平和の概念は当たり前のように存在してきたのに、自国の大統領はそれを危機に陥れた。だから訴えた、それだけのこと。」と述べていました。
また、コスタリカの憲法12条と日本の憲法9条の比較はバックグラウンドが違うから単純に論じれるものではないとしながらも、憲法9条をどうするかは国際的関心事であり、日本人はこれを国内問題として考えるのでなく、世界平和や紛争の抑止力として日本の憲法がどう働いていくかについても考えてほしいと述べておられました。
質問では、今日のコスタリカとアメリカとの向き合い方について質問が多く出されました。私の質問も(アメリカとのFTAに関するものでした)紹介されて良かったです。
質問用紙に「サモーラさんと同じコスタリカ大学で去年学んでいたんですよ!」っていうメッセージを載せたのが効いたのでしょうか?笑

私はコスタリカがあたかもユートピアであるかのような風に紹介されるのは大嫌いですが、この国から日本が学べる部分はたくさんあると思います。
教育予算の重視やエコツーリズムの発展など政策もそうですが、彼らのなにげないこと(家族の健康や自然の移り変わり)に感動する心は物質的に豊かになりすぎてマヒ状態になっている日本人にとても多くのことを気づかせてくれます。平和とはそんな大げさに語るものではなく、自分の身のまわりの幸せから見出していくものなんですね。
スポンサーサイト

大阪教育大学さんがいらっしゃいました。

昨日水曜日になりますが、大阪教育大学さんの生協の方と学生計3名が雨の中遠方から来てくださいました。生協学生委員長の森田さんが大教さんとコンタクトをとってくれていたようで、今回のような機会をもてたことに感謝します。MANAは代表徳本さん、生協羽田さん、でしゃばりな私の計3人で応対しました。大阪教育大学ではFTコーナーはまだないのですが、ある日テレビでFTのことを知った学生が自分の生協に商品は置けない...
大阪教育大学さんがいらっしゃいました。

インカ・マヤ・アステカ

両親からも、中南米仲間からも推薦されたので紹介しておきます。
メンバーのみなさん、テスト期間中の息抜きに素敵な映像とともに中南米に旅してはいかが?

NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ

●第1集 アンデス ミイラと生きる
7月1日(日)午後9:00〜9:59 総合
[再]7月10日(火)深夜【水曜午前】0:10〜1:09、

●第2集 マチュピチュ 天空に続く道
7月8日(日)午後9:00〜9:59 総合
[再]7月17日(火)深夜【水曜午前】0:10〜1:09
[再]7月29日(日)午前9:00〜9:59

●第3集 密林が生んだ二千年の王国
7月15日(日)午後9:00〜9:59 総合
[再]7月18日(水)深夜【木曜午前】0:20〜1:19

●失われた文明「空から見たインカ・マヤ」
7月30日(月)午後10:15〜10:50 総合

詳しくは
http://www.nhk.or.jp/inca-maya-aztec/

なお「インカ・マヤ・アステカ展」も10月3日より神戸市立博物館に上陸だそうで★
詳しくは
http://www.3bunmei.jp/

7・11試飲会の感想集

試飲会の感想です。木曜のミーティング参加者に限られてますがご了承を…

カレーとチャイが大好評ですぐ売り切れてしまい買えなくて残念でした次回はもっと多く出したいです!
(林)

二階奥にも関わらずちゃんとお客さんが来てくれて良かったです。委託商品ももっと売れたら良かったなと思いました!
(大西)

がんばって作ったカレーが売り切れて本当にうれしかったです。次回も食べ物出したいと思いました。
(高見沢)

やっぱり忙しかったら「フェアトレードを伝える」って心がなくなる~でも今回思ったのは、これだけ忙しかったらそれだけきちんとフェアトレードと向き合ってくれる人も多いんじゃないか、と。比例しますよね、やっぱり。「フェアトレードの商品を使ったカレー」とか「マンゴーケーキ」のお店に来たことをちょっとでもお客さんの心に刻み込めていければいいんじゃないかなぁって思った。
(斧山)

今回はあんまり参加できなかったけれど、とにかく成功したみたいで良かった。
(前堂)

チラシの日付を間違えてしまって多くの人に迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。フェアトレードの商品を売るときに、フェアトレードとは何かと分かる資料を(何か小さいもの)渡すようにもう少し理解を得られるかも知れません。
(上野山)

今回も準備段階からみんなで協力できたことが成功につながったと思います。当日の準備や役割の担当をもう少ししっかり決めるとよい!少なかったけど委託販売の商品が売れたのもうれしかったです。今度は「おいしい」以外の感想がもらえるように工夫していきましょう!
(八代)

こんなに成功できるなんて思ってもみませんでした!前回の失敗と反省を活かして改善できるところは改善してできたのがよかった。次は宣伝をもっといっぱいしてもっとたくさんの人に来てもらいたいと思いました。
(橋本)

--------------------------------

みなさん、忙しい中本当にありがとうございました。中には体調のかなり悪い人もいましたが、そんなことひと言も言わず頑張ってくれてありがとうございました。ここのところ話し合いはもっぱら試飲会になってしまってはいますが、新しいメンバーも昔からいるメンバーも関係なく前線でがんばれるのがMANAの良さだと思います。自分の提案や思い付きが通るなんてすごいことだと思いませんか?どんどんアイディアを出し合いましょう。

生協の羽田さんがおっしゃっていた通り、舵取りは心配だったけれども数年継続してきたことで本当にこの大学にMANAの存在が定着してきた感があります。生協とともに学生+教職員の声(武田先生、本当にありがとうございます!)をカタチにできた外大最初の団体がMANAであり、その後、輪をかけるように学生委員会やNGOそうげんさん、その他たくさんのボランティアサークルが生まれたことを考えると、折れずにやってきて本当に良かったなと思います。といっても当初のメンバーにあまりにも楽観的な者が多かっただけなんですが…(笑)
それと同時に、これから何を目標に取り組んでいくかじっくり考えなければいけないという責任を感じます。

たった数年の活動でメンバーの入れ替わりも激しい中、築いてきたものは後輩にうまく受け継いでこれていると思います。また、メンバーと外大生との区別のなさというか、提供するほうも来てくれる学生も楽しんでMANAカフェに参加しているのは活動をしていてとてもうれしいです。「試飲会」という名前でやってきましたが、「試飲」の場としてはもう十分に機能していると思うので、そこから一歩踏み出して学びの活動をもそこで見せられる、そんな団体になっていきたいですね。

これからFTという地球で起こっているすべてのことを縮図にしたようなテーマを通して、自分の生き方を考える機会を、同じ学生の目線で外大生にどれだけ発信できるかがMANAの真価だと思います。

たっけ。

追伸:誰か写真持ってたらアップして~泣

試飲会と今後

遅ればせながら、水曜の試飲会、お疲れ様でした!
会場が2階だったにもかかわらず、一時は長蛇の列ができるほどの盛況ぶりでした。カレーやチャイはあまりにも早く売り切れてしまい、来てくれた人に申し訳ない反面、うれしくもありました。
食堂でビラをまいたのですが、それに対する反応もかなりあったようです。これ行きたかったーとかどこでやってるのー?とか。

MANAの知名度は確実に上がってきています。それと同時に、「フェアトレード」という言葉を知っている人も少しずつ増えてきたのではないでしょうか。今後は、「フェアトレード」の言葉だけでなく、「なぜフェアトレードなのか」を伝えていく段階だと思います。

早いもので前期ももう終わり。この前期でかなりメンバーも増え、活動が波に乗ってきました。私個人としては、今の体制では知識面で少し不安があるので、一度昨年のようにフェアトレードそのものに関する勉強会をしてみてもいいかなぁと思っています。

それから、夏休みになったらMANAでいっぱい遊びましょう♪MANAカラ、MANAプール、MANA花火、カレパ、MANA日(学び)などなど盛りだくさんですね。楽しみ!

それからそれから、勝手に学祭の模擬店、応募しちゃいました!もちろん今年もやりますよね?学祭のことなど話し合いたいので、夏休みもことあるごとに集まりましょう。

とくもと

気づいたこと

明後日は試飲会です!カレーも出すので楽しみです♪
しかし、2階まで人が上がってきてくれるかどうか心配です。みなさん、まずは知り合いから声を掛けていきましょう!ビラも食堂にまきましょう!

ところで、最近私はサークルを動かすこと自体にいっぱいいっぱいで、その先に目指すものやみんながそれぞれ考えていることに、ぜんぜん目を向けていなかったなぁと今日気づきました。反省しています。

ということで!親睦会も兼ねて(むしろメイン?)、MANA会したいです!みんなと話したいです!カレパでも、鍋パでもたこパでも、居酒屋でもカラオケでも何でもいいです、案募集!

とくもと

大阪教育大学さんがいらっしゃいました。

昨日水曜日になりますが、大阪教育大学さんの生協の方と学生計3名が雨の中遠方から来てくださいました。生協学生委員長の森田さんが大教さんとコンタクトをとってくれていたようで、今回のような機会をもてたことに感謝します。

MANAは代表徳本さん、生協羽田さん、でしゃばりな私の計3人で応対しました。大阪教育大学ではFTコーナーはまだないのですが、ある日テレビでFTのことを知った学生が自分の生協に商品は置けないのかと話を持ちかけたのがきっかけだそうです。現在は学生2名ですがこれからメンバーが増えていくといいですね。

外大生協のFTコーナーを見ていただいた後、2階会議室に場所を移しMANA発足のいきさつ、今の活動内容や苦労したことなどを話し、羽田さんより、FT商品の売り上げや仕入れ条件の情報などを提供していただき「ノウハウ」を伝授していただきました。

お金が動く取り組みということで、長い目で見て生協でやっていけるかどうかを懸念されていました。たしかに活動を認識されるまで時間はかかるかもしれませんが、外大ではあのように試行錯誤でFTコーナーを設置させていただき(ひとえに生協羽田さんのご尽力によるものです!)情報が伝わり伝わって、2年ほどやってきているのがMANAです。
それより目を引くのは、ここ数年で生協に学生主催企画を持ちかける学生やサークルが急速に増えた事実であり、これは学生の意識の変化と生協への期待の現れだろうと思います。

今月20日に大学の方で夏祭りがあるそうで、そこへ早速FTコーナーを作ってみようかという話にもなっていました。
学生がひとりでも多く増えて、活動ができるようになるといいですね!

大教さんも外大もまさに「学生の思いを形にする」生協ですね!すばらしい!

大教さん、ありがとうございました!

追伸:私はいまだに大阪教育大学さんをどう略してよいかわかりません。「大教」さんか「阪教」さんかな?

(タケモト)
06 | 2007/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。