スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[イベント] 6月13日勉強会補足

こんばんは、水野です。今日の勉強会お疲れ様でした。今日は僕も少ししゃべらせてもらいましたが、調子に乗りすぎたかな、ということもあり少し反省気味です。同時に自分の滑舌の悪さを痛感しました。罪滅ぼしと自分の責任ということで、今日質問されたことなどについて2,3書いておきます。ちょっと家に帰って調べなおしただけなので雑な点もあります。しかしこういうことはなるべく早めにやるべきだと思ったのと、来週からは忙しくなりそうだったので今日のうちにやっておきます。

1. 関税
今日の勉強会で僕は「関税を払うのは業者で、負担するのは消費者」と述べました。これ自体は間違ってはいないのですが、関税の機能や関税の負担者について言葉が足らなかった場所があったので以下訂正と補足です。

(1)関税の機能
関税の機能は大きく分けて財源機能、国内産業保護、制裁機能の3つがあるといわれています。
まず財源機能です。今日、自分は確か「関税の主な目的は国内産業の保護で~」と言いましたがこれは言葉足らずでした。というのも、確かにこれは日本をはじめ、先進国の場合は当てはまりますが途上国の場合は違うからです。日本の関税収入が財源に占める割合は2%ほどなのに対し、途上国では税収の70%を占める国もあるそうです。また国によっては更なる税収のため輸出にも関税をかけることがあります。途上国の多くがモノカルチャーで原料の輸出によってお金を稼ぎ、そのお金で先進国の工業製品を輸入していることを考えればなぜ関税が税収源として重宝されるのかがよく理解できると思います。
次に国内産業保護ですが、これについては今日説明されていたので大丈夫かと思います。ちなみにもう少し細かく見ると、関税の国内産業保護には高関税によって他国企業の進出を阻む阻害効果(今日話したもの)と、誘致機能という二つの意味があります。後者の誘致機能というのは、「高い関税を支払うのは嫌だけど何とか自社製品を売り込みたい企業」は現地に直接工場を作り生産を行うことを選択するという意味です。企業から見れば安い労働力や需要が旺盛な市場は魅力的です。現地から見ればたとえ関税が入らなくても、あるいは企業が外資であっても自国内に工場ができて、雇用がうまれ、技術も入ってこれば当然嬉しいですよね。
最後に制裁機能です。例えばN国が自国企業に補助金を与え、不当に安い値段で車を輸出したとしましょう。そうするとその他の国の自動車は売れなくなり困ってしまいます。(=ダンピング)そのときに発動するのがアンチ・ダンピング関税です。向こうが不当に安くしてくるのであればこっちは関税をかけてブロックするという発想ですね。
以上のように関税は国家にとって非常に重要な意味を持つものであり、だからこそWTOの会議でも関税は常に主要なテーマ、というよりは関税自体がWTO本来のテーマであるといえます。そもそもWTOの前身であるGATTの日本語訳は「関税および貿易に関する一般協定」なのですから。

(2)関税の負担者
次に、関税は誰が払うのかという問題です。関税を払うのは今日も言ったとおり輸入をする企業であり、負担者は消費者です。これは間違いありません。でも、「企業が支払うけど負担するのは消費者」ということが頭の中でいまいちわからなかった人もいたのではないでしょうか。そういう人はこう考えてみてください。つまり、関税は消費税なのです。消費税を負担しているのは企業ですか?ちがいますよね。当然消費者です。お金自体は企業が払っているけれど、結局その分は小売価格に転嫁されて、消費者が支払うというわけです。

(3)非関税障壁
蛇足かもしれませんが、竹氏先生が説明しなかった「非関税障壁」についても触れて起きます。非関税障壁とは関税以外でモノやサービスの交易の邪魔になるものをさします。関税が無かったとしても法律による規制などで輸入自体が禁止されていたらどうしようもない、ということです。
非関税障壁は一見すると貿易を邪魔する悪者のようにも見えますが、一概にそうは言えません。例えば児童労働で不当に安く作ったコーヒーを輸出している国があったとしましょう。そしてそれに対しある国で、「そんな風にして作ったものなんて買えるか!」と不買運動が起こり輸入を禁止したとしましょう。この場合、輸入停止は貿易を阻害する「悪」でしょうか。あるいは別の理由、例えば安全基準の相違(例えばBSEや遺伝子組み換え作物)、差別や労働状況など倫理的な理由、環境に関する理由など経済とは直接関係の無い問題によって輸入が停止されたとしましょう。経済とは別のところにある理由を持ち出すことは全て非関税障壁になるのですが、これらの理由による関税障壁は許されるべきか、許されざるべきか、どちらでしょうか。さらに、こうした考え方を認めていくと場合によっては、「N国は鯨をとってばっかりいる野蛮な国だからあそこの製品は買わない」だとか「C国の食品で事件があったからC国製の物は何も買わない」なんていう理由付けまでがまかり通ってしまいます。この場合、非関税障壁は認められるべきなのでしょうか。
「経済の問題にほかの要素を含める」
ことはフェアトレードを考える上でも非常に重要になってきますので、ぜひ自分で考えてみてください。特に貿易というものが互いに異なる文化背景を背負った人間の間でされることを念頭に置くと良いと思います。


2. 認証にかかるお金
昼間はお茶を濁して誤魔化したこの話題ですが、とりあえずさくさくっと調べてみました。あくまで「とりあえず」なのでまたあとで書籍や資料に当たってみようと思います。
ネット上で見つけた「「エコツーリズム」の現実を問う」という記事(http://www.diplo.jp/articles06/0607-3.html)によると「たとえばメキシコでは、コーヒー生産農家の団体がフェアトレードのラベル認証を受けようとすれば、年間2000ユーロ近くかかる」そうです。今日の講義では認証するときの費用のことばかりを考えていましたが、この文章から察するに、認証された後も同じ様に重要なのでしょうね。(この数字は具体的な事例での数字なのでしょうが情報元を特定できませんでした。あくまで一つのケースと考えてください。)
また、これに続けて「フェアトレードのラベル認証と同じ過ちを繰り返さないためには、認証にかかる費用を自己負担にせず、大多数を占める小規模プロジェクトも参加できるように しなければならない。何よりも重要なのは、連帯的で持続可能、責任あるツーリズムというラベルについて、大企業による競走を排除するような基準を立てるこ とである。」とも書かれています。今日も少し述べられていましたが、オルタナティブを目指すはずのフェアトレード市場がまたプチ「弱肉強食」市場になってはいけないということですね。
認証制度はフェアトレードを語るうえでも欠かせない重要な論点であり、その費用や運営もまた同じです。寝る前にちょっとグーグルに聞いてみたぐらいで語れるような問題でもないのでまた日を改めて書こうと思います。ただ、僕もこれからしばらく忙しくなりそうなので、もしこのテーマについて感心のある人がいれば調べた上でブログに書き込んでもらえると大変嬉しいです。勉強会以外にもこういう場を使ってどんどん議論をしていきましょう。


3. その他
最後になりましたが、今日の講演を行った竹本氏、準備に携わったメンバーの一人ひとり、そして参加した方々、お疲れ様でした。特に竹氏は忙しい中長々と素敵なレジュメを用意してくれてありがとうございました。またそのうち手が空いたら自分もなにかをしたいと思います。幽霊部員なりにブログやその他のツールを使ってがんばります。水野でした。

追伸
実は先程FLOからメールマガジンが届きまして、それによると2007年度版の報告書がでたそうです。写真は多いわカラーだわで大変見やすいものになっておりますのでぜひ見ましょう。
FLO Annual Report 2007 (4 MB)

スポンサーサイト

[雑感]アイヌ「先住民族」認定

 既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、今月の6日、参議院にてアイヌを日本の先住民族として認める決議が採択されました。21世紀に入った今、やっと日本という国がアイヌを先住民族だと認め始めたと言うことです。

 このことは裏返せば、今まで日本という国はアイヌを先住民族とは認めてこなかったということです。日本という国全体が、アイヌという先住者の存在を無視してきたということです。今回の事件を報道する新聞などを読んでいますと、「政府は~認めなかった。」とし、あたかも政府だけが悪者のように扱う記事が多く見受けられます。しかし、それは政府の責任というよりは結局日本の大多数の国民の意見そのものなのでしょうね。アイヌが先住民族であるということが認められなかった原因、それは結局のところ多数者の「無関心」、ただそれだけだったと思います。

 アイヌが国会において先住民族として認められることで何が変わるのでしょうか。多分、そういう運動に携わった人たち、アイヌであろうとそうでなかろうと、から見ればそれは一つの大きな成果であり、未来へ続く偉大な一歩なのでしょう。でも私達にとって、それは何なのでしょう。何なのでしょうね。今回の決議にしてももっぱら外圧に対する反応でしかないわけですし、私達の中で何かが変わるのでしょうか。

 別に明日から税金が高くなるわけでも安くなるわけでも無し、学校でアイヌ語を勉強させられるわけでも無し。正直、何も変わらないように思えてしまいます。しかし、本当にそうなのでしょうか。何も変わらないのでしょうか。

 僕の好きな言葉に、「たくさんの世界からなる世界」という言葉があります。他にも「忘却に対する戦争」「われわれ抜きのメキシコなんてもうたくさんだ!」などなど色々あります。最後のでピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれらはメキシコのサパティスタ民族解放戦線のスローガンの類です。僕はメキシコの政治にも明るくないですし、サパティスタが具体的にどのような活動、どのようなイデオロギーの下活動をしているかは知りません。でも、初めてこれらの言葉を聴いたとき、グッと来るものがありました。

 たくさんの世界からなる世界、素敵な世界だな、と思います。そしてそれを阻むものは忘却です。忘却は人間の尊厳を根本から破壊してしまいます。それにもかかわらず忘却は普段の生活の中の至る所に居ますし、むしろそれが無ければやっていけないほど私達の生活はややこしいものになっています。何も先住民族だとかそういうことだけでなく、障害、年齢、性別、社会的地位、職業など様々な点で少数者と多数者がいる以上、誰もが何らかの点でマイノリティであって、誰もが何らかの点でマジョリティであるのでしょうね。

 そう考えていくと、アイヌが先住民族だと認められた、ということを自分に関連して捉えられる人はそういう両面的な自分の存在をわかっている人なのだと思いますし、そうでない人は自分がマジョリティである場面では他人を「忘却」し、そうでない場合は他人に「忘却」される人なのでしょうね。

 ただ、人種差別をするフェミニストだって、部落差別をするレイシストだっているわけです。何に関心があって、何に関心がないかなんて人それぞれです。一人が何から何まで気にしなきゃいけないというのは実際無理な話ですし、そんな人が居ればそれはもう聖人君子の類としか思えません。ですから、私達としては「もし自分が今まで意識してこなかった、自分が『忘却』していたことに気づく瞬間があったら、速やかに今までの意識を修正する」ことが最低限のマナーなのでしょうね。

 これに関連して最近読んだ本に以下のような言葉がありました。とてもかっこよかったので引用しておきます。

自由主義とはこの上ない寛容さなのである。それは多数者が少数者に与える権利であり、したがってか つて地球上で聞かれた最も気高い叫びである。自由主義は敵と共存する決意を、しかも弱い敵とさえ共存する決意を表明しているのだ。人類がかくも美しく、か くも逆説的であり、かくも優雅で、かくも曲芸的で、かくも自然に反することに到達したのは信じがたいことである。

(ホセ オルテガ イ ガセット『大衆の反逆』より)

 本当は前後の文章も含めて読んで欲しいのですが、とりあえずこれだけを紹介しておきます。ちょっと格好をつけすぎて恥ずかしいですが、たまには酒に酔ったみたいな、こういう文章もいいでしょ、ということで水野でした。

 後でこの文章を読んだら赤面するんだろうなぁ・・・(^^;

FTのイベントin神戸とFTSNからのお知らせ 

先月25日神戸の北野公房で行われたFTのイベントを見学しに行きました。
この日はマナからもファッションショーのモデルとして(!!)あゆみちゃんが参加していました。

2008april 016



会場は体育館のようなところで格団体ごとにブースを出しており、
お馴染みのネパールカレーやドライマンゴーのほか、手工芸品なんかもありましたよ。
他にコンビニ限定のコーヒーとか初めて見る商品もあって面白かったです。

2008april 020


私とタケシはコーヒーを3種類試飲して、どれも味・香りが全然違ってびっくりしました!!


また、サマサマの小吹さんやFTSNの代表の方、神大PEPUPのみなさんとも喋れて刺激されました。
マナも活動の規模を広げたいですね☆
9月の合同展示の企画もあるし、頑張りましょう~。

でもって、FTSNのメーリスで流れてきたものを紹介しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは~☆

FTSN関西代表の笠松です。
最近決まった人しかML流さないので少し寂しく思います...
イベントの案内など、もっと皆さん流してくださいね^^♪

さてさて...
事務局って普段何やってるの?なんて思っている人が多いと思います。
実は最近、ちょっとした講演も盛り込んだ、交流会を企画しました。
(イベントなどにも参加したりしていますよ~。ブログに少しアップしたのでよかったら見てください。)
今回企画したのは、『フェアトレードしゃべり場!!』です。


日本のフェアトレードって一体どうなっているの!?
私たちにはなにができるんだろう・・・?
フェアトレードの活動をしている学生って皆どんなことしているんだろう・・・?
・・・そんな疑問をこの日解決しちゃいましょう♪
という内容です。

この場を使ってお互いにフェアトレードの活動の情報交換をしたり、思いを共有し合うこともしたいと思います!
自分の活動のヒントにもしてください!

↓↓詳しい内容↓↓

◆日時◆
6月29日

◆プログラム◆
14:30~ アイスブレーキング
15:30~ 休憩(フェアトレード商品のお菓子と飲み物が出ます♪)
16:00~ 【講演】日本のフェアトレードの現状と未来
       講師:未定
       ディスカッション
17:30~ 交流会(任意)
※交流会は場所を移して行います。交流会の参加費は未定ですが、2000円~3000円ほどを想定していただけたらと思います。

◆定員◆
30名

◆参加費◆
無料

◆会場◆
東淀川人権文化センター
http://www.ochra.or.jp/jinbun/hinode/index.html
JR新大阪徒歩5分、地下鉄新大阪徒歩10分

◆申込方法◆
『名前・所属・大学名・連絡先(ケータイ番号・Emailアドレス)・17時30分以降の交流会参加or不参加』を明記の上、田坂jinpeitasaka@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。
期日:現時点では設けていませんが、定員が埋まり次第締め切らせていただくので、なるべくお早めにご連絡下さい。

◆主催◆
フェアトレード学生ネットワーク(FTSN)関西


たくさんのご参加お待ちしております♪
何か質問などあったら気軽に連絡していただけたらと思います。
ではでは。


***********************************
近畿大学 農学部 環境管理学科 4年
FTSN関西 代表
近畿大学フェアトレード団体ASANTE
笠松礼菜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの日神戸にいないので無理なんですが
マナからも誰か参加したらいいんじゃないかと思います☆
他大学との交流でモチベーション上がったり面白い話が聞けたりしますしね。
場所が新大阪とちょっと遠いですが・・・。

ところで4日の試飲会お疲れ様でした!!
今回は反省点がたくさんありましたが、まぁなんとかなってよかったです☆
カレーはやはり好評でしたね♪
関学の平林くんは「以前自分達で作ったのより断然おいしい!」と言っていました笑

また反省などは月曜のミーティングで!!








05 | 2008/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。