スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008FTSN全国合宿

2008年9月12~14日、FTSN全国合宿に参加してきました。
京都まで一人で行かねばならなくなり、電車で危ない目に遭いそうに、いや少し遭って何だか幸先が悪かったですが、1日目の京都観光は楽しかったです♪

シサム工房の京都本店にまず行きました。そういえば気になる物があったのを今思い出しました・・
その後清水寺へ。今回もなんとかの水が飲めなかった・・・
八ツ橋抹茶シューがおいしかったです^^
班が鳥取大1回の男性と一緒だったんですが、彼は今後注目ですね

夜には、FTSN各支部活動紹介のあと、ドイツの大学生がドイツでのFTなどについて話してくれました。宿泊したユースホステルはきれいでよかったです。


2日目はとても充実しました!!!!!

①アイスブレイク
3人の方と自己紹介がてらお話しました。

②フェアトレードマーケット
11団体位がそれぞれの机で自団体の活動紹介をしているのを聴いて回らせてもらいました。
時間が足りず、5団体のお話しか聞けませんでした。
聞けなかった3団体から、多分普段配布する冊子をいただきました。
2008_0921First0001_convert_20080921193535.jpg

~各自で昼食~
会議場近くのカレー屋さん。ナンなんて給食で1回食べて以来・・!!!!

③講演会
サマサマ事務局長小吹岳志さんのお話

④分科会
アクションプランにつながる活動
2008_0920First0012_convert_20080921192738.jpg

⑤アクションプラン説明・報告・作成
2008_0920First0013_convert_20080921193322.jpg


3日目
アクションプランを今年は1つにしぼって事務局が支援していく形に。
私も作成に参加していた「ぎゅいーんころころ~つながるFT~」が投票で選ばれたので、せっかくなのでメンバーに残ってみることにしました。(このプランはFTSNJAPANのHPから、各支部にどんな団体がいて、どのように活動しているかなどが、FTに関わる学生も、外部の人もすぐわかるようにするという感じのものです。)
「ふぇあとれーど大学」の基準を作るプランも進められていくようです。
2008_0920First0021_convert_20080921194347.jpg

合宿後、京大のカフェ(お酒まであってすごかった!)でぎゅいーんころころのミーティングをして、帰途につきました。


いろいろな人の話で個人的に印象深かったこと、参考になりそうなことを挙げます。
もう皆さんご存知のこともあるかと思いますが。。。
FTSN東京
・FT缶コーヒー販売に向け調整中←利用しやすそう
・FTについてのDVDを作り、学校の授業での利用のために貸し出す体制を(実行中かは不明)

FTSN中国
・高校でFT授業実施。次年度の授業の会議が行われる、3月ごろから話し合うべき

ドイツでのFT
・ebayというネットオークションサイトで、FT商品しか出品できないフェアが最近開始された
 (http://worldofgood.ebay.com/home)
・FAIRTRADE BANANA DAY (am.18.09.2008) バナナを100万個配布
・商品テストを行い、sehr gut(very good), gut(good)などのランクを商品に明記

イギリスでのFT
・衣料品のデザインを有名アーティスト、俳優が手がける
・ホワイトバンドに代わって、エコでFTのパンツ。(http://pantstopoverty.com/)

立命館大学beleaf
・食堂のFTメニュー
・タイの団体から「鳥の笛」を仕入れてシサム工房で販売

大阪大学PROME←熱い
・日本初のFT大学を目指し、ゆくゆくは全ての大学も
・校内のサッカーボール、バレーボールなどをFTのものにしよう

立教大学フェアトレードパートナー
・生協ではなく、企業との取引でFT商品を校内で販売していたが、現在は中止←大変
・パクパクナティンの空き缶のラベルで作ったファイル←かわいい!!
・学祭での、参加型の展示←入り込めそう

近畿大学ASANTE
・ロゼーラケーキ←おいしい   福祉作業所で作ってもらっている
 
小吹さん
・映画「女工哀歌(エレジー)」
・オイコクレジットと地球バンク 人のための融資
・Buy Nothing Day 無買日
・FT単体でだけでなく、貿易の格差是正、NGOの運動などと一緒にキャンペーン

その他
・「日本のフェアトレード」明石書店  イベント、生協などで10冊から販売可


という感じです。いろんな団体がいろんなことやってるんですね。
FTは全部嫌いだけど、一番分かり易く伝えられるから、FTをすすめてる、というようなことをおっしゃった方がいて、私はそういう人に初めて出会ったのですごく印象的でした。
団体それぞれとしての考えも少しずつ違えば、団体の中の個人個人でもちょっとずつ異なる想いがありますよね。合宿には社会人の方や、団体には属さない個人の参加もあり、本当にいろんな人がいて、刺激を受けました。

合宿を通じて、また後にmanaという団体の紹介をする機会があって、自分はマナでこういうことをしていきたい、自分はFTについてこう思ってるから、FTを広めようとしてるんだ、という意向がはっきりしていないと感じました。(FTに限らず、私はいろいろなことをまだ全然知らないから、自分の考えが正しいはずはないと思って、意見をはっきり言うことを避けていたので・・)もしかしたらそこまで確立させなくても良いのかもしれないけど、やっぱり自分の中である程度噛み砕けてないと、うまく伝えられないですよね。勉強不足もありますが。
精進します・・!


名刺をいくらかいただきましたが、もらうだけで返せず、以前シサムのしおり大の紙?を見て、MANAもこんなのあったらいいね~って話が出てたのを思い出して、あったら便利かもと思いました。
また、PEPUPが精力的にドライマンゴーを売ってるのを見て、manaブランドが欲しくなりました・・!
マナ設立前?の先輩方の希望だったようですしね。


2007.9.27 MANAミーティングのFTSN学生サミットについての文書を読ませていただきましたが、合宿で考えたFTSN長所・課題のところで、「全国規模のネットワークの必要性は理解できるが、あまりにもツールを利用しすぎ→メーリスの短所など踏まえ、F2Fで話し合う必要もある」とあるあたり、よければどういうことか聞いてみたいです。
合宿に参加することになったけど、FTSNが何なのか、自分が入ってるのかも不明でしたので;
F2Fとかいうのも初耳です。


丁寧な文章にできず、しかも長文ですいません。
ご意見、ご質問、直した方がいいところなどありましたら遠慮なくどうぞ。



奥山



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

補足と補足

どうも、お疲れ様でした。
結構細かい報告を書いてくれてどうもありがとうございました(^^
ただ気になるのが「アクションプラン」です。
何の、どういうアクションプランなのか気になってます。
またよかったら補足をお願いします。

それからこちらからも補足。

F2FはFace to Face、つまり面と向かってということでしょうね。あまり一般的ではない単語を使うのはちょっと良く無かったですね(^^;

以後気をつけます。

お疲れさま!

フェアトレードは抜きにして全国のいろんな思いを持った学生と交流できたことで世界もぐんと広がったのではないでしょうか。去年の僕をふりかえってもいろんな学生とざっくばらんに話をできたことがなによりの収穫だったと思います。
今年はアイスブレーキングが観光だったのですね。京都ということもあって楽しい合宿になったことでしょう。毎年合宿の勉強会ではかなりテーマを絞ってやるような印象があるのですが、今年(関西ではおなじみの)サマサマの小吹さんが何をテーマに講演されたのかが気になりました。「無買日」ってなんでしょうか。
あとFT缶コーヒーの商品化は生まれたばかりのmanaでも考えていた記憶があります。どこまで真剣に掘り下げたかは忘れましたが(笑)日本でのコーヒーの消費は缶コーヒーが主ですからね。
また来年も関西、しかも神戸でやるのではという見通しが立っているようですね。次回はmanaから合宿の企画側が生まれるかもしれませんね。楽しみです。

>「ツールを利用しすぎ…」について
解決済みです。この真意は先日おくちゃんに説明させていただきました。

コメントありがとうございます

コメントに関係ないやつがよく入ってくるじゃないですか?
あれ2つ勝手に消しちゃったけどいいですか?


>みずのさん
返事が遅くなりすいません。
アクションプランの概要は、
「FTSNの土台づくり
 HPを使ったネットワークの強化
 →各学生団体の情報をFTSNのHPにアップ(リンク)する」というものです。

なぜこのプランをしようということになったかは、確か、全国各地に団体があるようだが、それぞれが自由に活動していて、何をしているのか、どこにどんな団体がいるかわからない。例えばFTSNJAPANのHPから、各支部になんという団体がいると分かるようにすれば、助け合ったりできるかもしれない。また、フェアトレードに関わる学生以外の人も、そんなHPなどがあれば便利だろう。
というような意見が出たからだと思います。

今後は、各団体に呼びかけて、フォーマットに記入してもらい、HPにアップするという流れを4段階ほど踏んで行っていくと思われます。

さっそく今日ミーティングがSkypeで行われるのですが、マイク(要りますよね?)が手に入らず参加できそうにありません。だめですね・・次回からは頑張りますー。今日フォーマット決まっちゃったら、もう無いかもしれませんが。
「ツールを使用しすぎ・・・」についてタケモトさんが、「Skypeに参加できない人もいるから、参加できなかった人に展開が伝わらなかったりするから、ツールに頼りすぎるのは良くない」みたいにおっしゃった通りになりかけています;

アクションプラン作成の時にも、FTSNとは関係なくやってきます、みたいな団体はどうする?
それは無理強いできないんじゃない?
って話がでましたが、manaはFTSNに入ってないみたいですけど、載せるんですかねー?

F2Fは、私が無知なせいかもしれません・・
説明ありがとうございます。


>たけもとさん
小吹さんのお話は、これまで・これからの小吹さんの活動紹介、日本のフェアトレードの現状、身近にあるフェアトレード、日本の消費者にできることなど、多岐に渡っていたように思います。

無買日については、何も買わない日を作って、どうせ買うならフェアトレード商品を買うとか、消費というものを考え直す機会を作るといいのではないか、という風におっしゃっていたと思います。

補足ありがとう

アダルトサイトなんかの広告は勝手に消してもらって結構ですよ。
というかどんどんしてください。
今までは一応僕が消していましたが、最初に見つけた人がその場で消すっていう習慣をつけてほしくて最近はなるべく放置していたのです。
皆さんよろしくお願いします。

アクションプランの件はなんとなくわかりました。
どうもありがとうございます。

ところでスカイプの話ですが、イヤホンないしヘッドホンでマイクの代用はできますよ。
マイクのジャックを指すところにイヤホンジャックを指して、イヤホンに向かって話せば大丈夫です。
若干音は悪いですが結構使えますよ。
カメラはさすがにカメラが必要ですけどね(^^;

それから仲間はずれ状態になる人が出てくるってのは多分にツールの問題じゃなくて仲間はずれになる人とする人の意識の問題じゃないかな、と思います。
どこでだって頻繁にあることですし、ツールのせいにするのはちょっとアレです。
お互いに積極的に働きかけあう姿勢があれば大丈夫なんじゃないでしょうかね。

ま、えらそうですがなんとなくそう思いました。
なんにせよ参加できるに越したことは無いのでイヤホンの件試してみてください。

見つけたら消します。
消すの気分が少しいいです。

イヤホンは出力?だけかと思ってました!!
マイクに代用できるなんて驚きです!

仲間外れですか…
私は竹本さんの言葉を変に解釈してたのか?
何かよく分からなくなってきました。
また考えます。

ツール議論から

意外に白熱したのでコメントします(笑)

ツールの話は、「ツールが悪い」という結論ではなく「普通の話し合い」と「オンラインでの会議・連絡」をバランスよく使って欲しいという主旨でした。
FTSNの特性上、実際に地域を越えて会うことは少ないし全国に人々が散ってしまっているので、オンラインに偏って話を進めなければならないのはある程度承知しておりますがね。

ツールが悪いみたいなニュアンスに聞こえたのは、きっと昔の僕がデジタルを非常に毛嫌いする人間だったせいでしょう(笑)ただ、実際に使ってみると非常に便利ですし、スカイプでしゃべる方がみんなの出席率がなぜかよかったり(普通の会議よりある意味気軽に参加できるのかな?)、大胆にもの言えたりするというのも面白い現象だと思います。
あと、これは今まであんまり考えなかったことですが。掛け持ちの多いmanaですから、事務連絡程度であれば実験的にスカイプミーティング取り入れてもおもしろいかと思います。うまくいけば留学のみなさんも参加できますしね。

ひとつ、面と向かった話し合いに勝てないものといえば、それは意思疎通だと思います。
僕の経験がそう思わせているだけなのかもしれないですが、実際に全国関西のオンライン会議だとかアクションプランの会議に出席していて思うのは、今話し合ってることが一体どの程度の重みを持っているのかさっぱりわからないとか、それぞれがどの程度の真剣さでこれを議論しているのかというのが見えないことが多いことです。
大学の活動にありがちなジレンマですかね。

また、水野さんの言う「仲間はずれにする人」「仲間はずれになる人」というのは、うまいことばが見当たりませんが、「ついていける人」「ついていけない人」ってくくるのが正確かなと思います。
おそらく「FTSNの枠組みで(もしくはFTSNの一員として)フェアトレードに関わる」ことと「何らかのかたちで自分がフェアトレードに関わる」ことが同一視できるのは前者、必ずしもそうではないと思うのが後者なんでしょう。
少なくとも個人ないし団体で高いお金を払ってまで合宿に駆けつけている学生は、当然フェアトレードに関心が深いということが予想されます。ただしそのみなをひとまとめにして、彼らをFTSNのアクションなり活動に結びつけることに参加者全員がついていくとは限りません。それは一見当たり前のようですが、みんなの気持ちが高まる合宿中では見過ごされやすい事実でもあります。
また以前manaも経験しましたが、例えばちょっとずつ自分が勉強して理解していけたらいいなという人と、とにかく今すぐ他の人に知らせたい・何か社会的に訴えることをしたい人とではやりたいことが全然違ったりもしましたよね。

何かよくわからなくなってきましたが、最近思っていることは「活動する」ってとっても難しいということです。そして、それが緩ければ緩いほど難しいです。
ある組織があって、それを自分が利用したいときだけ利用するという態度は、自分の利益ですし一見とても協力的に受け取られるかもしれません。しかし、見方を変えると責任逃がれ、嫌なことは引き受けないという非常に無責任な態度ともとられうるということは理解しておかなければいけません。
団体で決まったものごとに対してはみなが責任を持っているのであり、みんながみんな好きなことだけを突き詰めていく活動なら別にわざわざ集団でやる必要はないでしょう。
組織を気持ちよく利用し、さらに活発にしたいのなら、それぞれ自分がいやなこと・不得手なこと・無関心なことにも少し踏み込んだ上で、自分の言い分を主張するのが有効と考えます。

タケシ

1週間前、コメントを1時間もかけて打った(考えながらだったのもあり)のに、BackSpaceで前のページにいってしまい、戻ったら全部消えてしまいました。。。
プライバシー的な配慮?ごくろうさまですパソコン(T_T)

萎えたので放置しましたが、頑張って思い出します。
今更更新に気づいてはもらえないかもしれませんが・・

返信が遅くなりすみません。意図的になんですが。
というのも、スカイプを実際に体験した後にしようと思ったからです。

水野さんの助言から、イヤホンで試そうとしましたが、音声テストで蚊の鳴くような声しか聞こえなかったので、ヘッドセットを結局買いました。

ミーティングには東京から大分までの人が参加し、やはり自宅に居ながら一斉に会議ができる点は便利だと思いました。

でも、顔が見えないので、発言するタイミングが難しく、聞く側に回ってしまいがちでした。

内容は事務的なことが多いので、”それぞれがどの程度の真剣さでこれを議論しているのかというのが見えない”点はまだ感じませんでした。

また、都合でチャットのみの参加の方もいて、進行が伝わらずズレが生じる場面もありました。

感想はこれくらいにしておきます。
「仲間はずれにする人」「仲間はずれになる人」(「ついていける人」「ついていけない人」)についてです。
またもやそういうことではないのかもしれませんが、私が合宿に参加したとき、FTSNの活動が自然に進んでいく中で、自分はFTSNに入っているのか不明なのに、アクションプランとか考えてていいのか?と思ったりしました。
FTSNの合宿だからいいんですけど。
まあアクションプランを考えることは自分たちの活動のヒントになるかもしれないし、決して無駄ではないと思います。

”ある組織”というものの中に、manaやFTSNを連想しました。
manaで活動する際、個人的には忙しいときには、利用したいときだけ利用したくなります;
個人ではできないこと、マナだからできることが他にもあったら、していけたらいいですね。

現在MANAはFTSNには入っていないようですが、FTSNには適宜関わっている感じでしょうか?
事務局員がいる、いないという違いもあるのか、関わりの深さに違いを感じます。
あくまでネットワークだから、そんな感じでokなんですかねーっと、なんだかまたよく分からない感じに・・

この前書いたのこれだけだったかなあ・・?
とりあえずなんとなくわかったので、ツール議論おわりにしときます:)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。