スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MANAの方向性について(2005.11)

2005年11月のMLより。この時点で提起したMANAの方向性についての覚書。


武田です。
28日のMTGは出席できませんが、会の活動の方向性について考えている
ことを少し
述べておきます。
まず、外大フェアトレード会の目的としては、大風呂敷な言い方にですが、FTにつ
いてのプロモーションや他大学や団体とのネットワーク形成を通じて、それをメン
バー自身の「学びの場・きっかけ」として活用してほしいということです。やりなが
ら考える、ということです。はっきり言って、FTを広めることそのものに、そんな
に固執しないでよいと思います。FTだからともかくいいのよ~☆、という単純思考
に陥っては意味がないです。それを人に押しつけるのもNGです。FTについて、実
際に商品に触れたり、プロモーションをしつつも、FTって結局は先進国のためのも
のなんじゃないか??とか、ほんとに途上国のためになるの??とか、自問自答を繰
り返す、そしてそのために勉強する、そういうありかたを考えています。

FT活動やりましょう、と提案した理由として、外大のなかに、議論の場・協同の場
があまりに少ない(皆無とは言いませんが)のを変えたかったというのもあります。
また、外国語やもろもろの授業、そして在学中の旅行・留学が、ゆるやかにであって
も、なにかの問題意識に貫かれたものであったら、相乗効果となって、基礎力のある
外大生なのですから、もっと成長できるはず、と思ったからです。

具体的な活動内容の方向性としては、あまり散漫にならないほうがよいと思います。
地域主義の狭い視野に陥るのは、これまたNGですが、ある程度地域を限定しない
と、一般論でおわってしまいます。できれば、しばらくはラテンアメリカ、コーヒー
あたりを中心課題に据えて。

マンネリもNGですが、ルーティンワークも会の存続には必要ですね。とりあえず、
有機コーヒーの試飲会を月1回とか、新年度・新学期の初めと学祭時とか、定期的に
学内にアピールする場を定着させてはどうか、と思います。

生協のFTコーナー作りですが、来4月にオープン、くらいでどうでしょう?正直、
私自身はちょっとへたばっています。自分の研究活動の方が忙しくなってきたのもあ
るので(メキシコ関係の人類学および関連分野の若手研究者数名で共同研究体制づく
りを始めています。できればこの流れと、外大内のFT活動が、将来的にリンクして
いければ、ともくろんでおります)。

ブログも徐々に充実させて、4月の新学期シーズンまでには、神戸外大のHPとリン
クをはれるようになっておけば、会の宣伝と新メンバーのゲットがより進むでしょ
う。生協のFTコーナーについても、ブログで宣伝したらよいだろうし。

それとスタディ・ツアー(エコ・カルチュラル・ツアー?)ですが、本気で考えてみ
ませんか?来年の夏・秋くらいは、留学中の方々もいるかもしれませんが、留学先か
ら現地に集合して、共同研究を行なうというのはおもしろいと思うんですが、どうで
しょうか?基本的に私がある程度アテンドできるメキシコ、プエブラ州クエツァラン
地区で、と考えています。

また皆さんの意見も聞かせてくださいね。
では 武田

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。