スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コーヒー]コーヒーの動向

こんにちは、水野です。ここ数日ネットにあまり触っていないので少し古くなってしまいましたが、面白い記事を見つけたので少し紹介したいと思います。

ブラジル産コーヒー生産高20%減、価格上昇か - インド
http://www.afpbb.com/article/1369301

1994年にブラジルで起こった冷害が結果として現在のコーヒー価格の低迷につながることになったのは有名です。そして今また同じようなことが起ころうとしています。この過程を知っている人ならば誰もがこの記事の中でICO事務局長の言っていることと同じことを考えるでしょう。

しかしそれはあくまで傍から見ての話であって、「コーヒー危機」に苦しんでいる当の生産者あるいはその国の政府はどんなことを考えるでしょうか。

コーヒー危機が再来した場合、コーヒーの価格が順調に適正な価格へと移行した場合、どちらにしろフェアトレードコーヒー業界に影響があることは確実だと思います。また、コーヒーがフェアトレードの主要な商品のひとつである以上フェアトレード運動にも何らかの影響があるのではないかなと僕は思っています。

今後の展開に注目です。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。