スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・3神戸イベントミーティング報告

関西大学の生協学生委員の吉田さんから声をかけてもらって、神戸発学生イベントに関するミーティングに参加してきました。
みんな忙しいということでたった4名(関学1名、神大PEPUPさんより2名、たけ)の参加でしたが、内容的にはとても濃いものになりました★

イベントのテーマは当初「六ヶ所村」「フェアトレード」の二本立てで進んでいたそうですが、吉田さんと会場予定地の責任者との話し合いの結果、ふたつの問題のつながりは、これらの背景を全く知らない学生・一般の人にとって難解で、あれもこれも取り掛かってしまうとイベントとして成果を出しにくいということでもう一度ゼロから考え直すことになりました。

まず、イベントの対象の見直しから入りました。
結論から言って、対象は学生に絞るということになりました。
みんなが共通で持っているのが、学生がもっと「知ること」「できることからはじめること」「視野を広げること」が大切だという思いでした。
思いを共有するために、大学の垣根を越えてカフェキャラバン(FTカフェ+映画や講演会をセットにして大学をリレーする)のようなものを繋いでいって、最後にどこかで総括的なイベントをできたらなと思っています。

とは言えメインテーマに何を持ってくるかについてはなかなか決着が出ませんでした。環境問題、貿易のこと、食の安全、学生特有の消費活動(選択の仕方)など切り口はたくさん挙がり、そのたびにそれに関わるトピックで熱い議論やレポート合戦が繰り広げられましたが、結局仮のテーマとして「モノの裏側」で進めて、手段(例)のひとつとしてフェアトレードを紹介していくということになりました。

今週末が神戸市の補助金申請(イベントの計画・内容を書類審査してもらい適正と見なされると、補助金が下りるようです)の〆切だったので、それまでにイベントの活動計画を具体化して間に合わせようということだったのですが、案がまだ不十分なのでこれは断念ということになりました。

僕も文化活動・体育会活動・学内外の交流などバイタリティー(無茶っぷり?)では日本のどの学生にも負けない自信はあったのですが、会議で一緒だった3人のパワーには刺激を受けました。
フェアトレードのサークルがきっかけとなって集まった仲間とは言えども、環境問題など、フェアトレードから派生する諸問題を思いつくままに語ったり、各大学の学生・生協の雰囲気について意見交換したり、見た本や映画のおすすめ合戦、印象に残った関西のイベントの話、団体の活動、留学話など話題は多岐にわたり、肝心なイベントのコンセプト決めは正直堂々巡りでした(笑)
それだけ各自が引き出しをたくさん持ってるということでお許しください(笑)

PEPUPさんもうちの活動に興味があるようで「交流会などしてお互い勉強しよっか?」って話もちらほら出ました。
あと、スタディーツアーの予算とかを神大さんに聞いてみました。MANAも行けたらいいですね。アジアなら実現可能かもしれないけど、中南米行くなら航空券代の高さがネックなんですよね…

MANAはFTSNに関わったことは今まで一度しかなかったと記憶していますが、それが幸いして(?)名は知られているようです。大それた活動はしていませんが、歴史が長いし、名前覚えやすいからですかね。
武田先生、ありがとうございます。

やっぱり他大学生に会うと自分もやらないかん!という気持ちになります。

…とは言ってみたものの、イベントについては実際のところ何も決まっていません(苦笑)どんなイベントにしたら学生が集まるか、どんなことを学生に伝えるかを次回また話し合うので、次回11日(マナ日翌日)の神戸イベントMTGには他のマナメンバーもぜひ参加してくれるとうれしいです!!

(たけ)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

竹本くん、会議参加お疲れ様です。
MANAもいよいよ外に向かって動き始めてきましたかね。
設立1年目に出しあった結構無茶な(?)アイデア、いろいろありましたね。メキシコから直接自分たちでFTコーヒーを輸入しようとか、スタディーツアーやろうとか。なにか実現するといいですよね~。

神戸のイベント、おもしろいものになるといいですね。
イベントは1つの「実験」だと私は思います。
その場限りかもしれないけど、自分たちが思い描く「もう1つの世界」、それを垣間見させる空間をつくること、そういう実験的な場だと思います。
竹本氏が参加したAp Bank Fesもそうだろうし、ナマケモノ倶楽部がやっている「キャンドルナイト」なるイベントもその1つでしょう。反戦キャンペーンで、「すべての武器を楽器に」というコンセプトで、人を殺す武器を楽器として使って演奏する、というイベントも過去にありました。
そういう、普段ならありえない空間を協同で生み出し、みなでみなが望む世界を夢見、お互いのきずなを確信し、イベントが終わってからも1人1人の日常にインパクトを与える、そういうイベントにしてほしいです。

それから、スタディーツアー、わたしは不可能ではないと思います。ただMANAだけの力ではしんどいと思うので、生協や大学、教職員の協力を仰いではどうでしょうか。わたしがこっち(メキシコ)でやれることがあれば動きますので、必要なら言ってくださいね☆ ではまた
タケダ

ありがとうございます。個人的に発足時のあの無茶っぷり好きですけどね(笑)

そうですね。神戸のイベントは実験ですね。MANAの発足くらい不確かだと思いますが、学生同士で何か新しい発見を得られ、大学同士のつながりも続いていくようなそんなイベントになればと思います。
発足者のひとりということで、卒業前に後輩に足跡を残していこうと思ってるつもりはないのですが、最近できるだけわかりやすい形でMANAに何か作っておこうという意気込みは強いですね。

あと、この前の平和憲法に関わる模擬投票の話なんですが、あれからピースの人と羽田さんとちょっと話した結果、ここには書きにくいいくつかの理由により今回はパスということになりましたので報告いたします。いつもアドバイスありがとうございます。

最近、新しい展開がてんこもり☆
いいですね~、わたしもうれしいです!
憲法の是非とか政治がらみになると、何かと難しいことがあるんですね。やり方も考えないといけないですよね。「武器を楽器に・・」のように、アーティスティックな方向にもっていくか、1つの大学で無理なら別の大学でやったり、あるいは大学間共同のイベントにしたり。そういう意味でも、神戸イベント後、大学間のつながりができ、いろんな可能性を試せる状況が生まれていくといいですね。まあ、なんでも時間がかかるけど、MANAやピースができて2年、外大の雰囲気が変わってきたように、神戸エリア全体も徐々に変わっていくといいですね。

11月の講演会の件、おめでとうございます!
大変うれしいニュースですね。
それにしても、これから12月にかけて、MANAメンバー、かなり忙しくなりますね~。。でも、ステップアップの時期に来ていると思いますので、がんばって乗り越えてください。期待していますよ☆
タケダ

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。