スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30@IMPホール

定員780名ってすごいですね。みんぱく主催ってのが面白いです。

「国際開発協力へのまなざし ―実践とフィールドワーク」
http://www.minpaku.ac.jp/research/pr/071130.html

■日   時 :平成19年11月30日(金)18:00~21:00(予定)
■場   所 :IMPホール(大阪市中央区城見1-3-7)
■入場無料 :申込先着780名
■申込方法 :事前申込が必要。折り返し受講票を発送します。住所、氏名、電話番号を記          入し、ハガキ、FAX、eメールでお申込みください。

■申 込 先 :〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13神谷町セントラルプレイス2階 
                  人間文化研究機構総務課シンポジウム係
               TEL:03-6402-9200  FAX:03-6402-9240
               E-mail:sympo_7@nihu.jp
■主   催 :人間文化研究機構

<趣旨>
グローバル化が進む中で世界各地において経済格差がますます拡大してきた。国民の関心が国内の経済格差に向けられるようになった一方で、国家間や地域間の国際的な経済格差への関心が薄くなってきている。かつて日本は、ODAの貢献度が世界で第1位であったが、現在では第3位であることにもその傾向を読み取ることができる。また、善意に基づく国際開発協力が、現地の人々にとっては搾取を結果するような事態も発生している。国際開発協力を行う上で発生する矛盾を解消するためには、現地の人々の多様な意見を重視することや現地の人々と外部の人々が地球人としてまなざしを共有することが必要であろう。さらに国際開発協力には人間同士の関わりの深化させること、言い換えれば信頼関係を強化させるという側面があることを認識すべきである。
国連を中心とした国際社会の今世紀の最大の目標は貧困削減である。その目標を実現するための国際開発協力の実践にはさまざまなやり方がある。われわれ日本人は、国際社会の一員として国際開発協力の現状について知り、もっと積極的にかかわるべきではないだろうか。
このシンポジウムでは、世界と日本における国際開発協力の潮流を概観した後、フェアトレードという新たな実践に着目し、国際開発協力の実践のあり方を検討し、模索する。さらに文化人類学など人文諸科学が国際開発協力にいかに貢献しうるかを検討する。

17:00 開場
18:00 開会
18:00~ 長野 泰彦 人間文化研究機構 理事挨拶
18:05~ 松園 万亀雄 国立民族学博物館長 館長挨拶
18:15~ 佐藤 寛(アジア経済研究所・研究支援部長)
「世界の国際開発協力の潮流と日本の貢献」
18:45~ 鈴木 紀(国立民族学博物館・准教授)
「フェアトレード:チョコレートを食べて友達を増やそう」
19:15~ 休憩
19:30~ 総合討論「国際開発協力のあり方とフェアトレード」
座長:岸上 伸啓 (国立民族学博物館・教授)

パネリスト:
新井 泉 (国際開発協力銀行・開発金融研究所・所長)
石原 聡(世界銀行・社会開発専門官)
大石 芳野(写真家)
大橋 正明(恵泉女学園大学・教授)
鈴木 紀(国立民族学博物館・准教授)
21:00 閉会

*総合司会 五味 文彦(人間文化研究機構・理事)
(たけ)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。