スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・21MANA日報告☆

みなさんお疲れ様でした!
インドに国際ワークキャンプに行っていたはなえさんのお話、WWOOFにて徳島でヤギとウルルン暮らししていた桃子さんのお話(ヤギミルクを使った桃子さんのケーキおいしかったですね!)、今年留学に行くメンバーの話、みんなが日ごろ考えていること、そしてMANAの今後の活動について非常にいい話合いができましたね☆
とりあえずMANA日の写真たちをアップしておきます!

Modernark.jpg
モダナークのランチプレートはなかなかのボリュームでおいしかったです!デザートのバナナケーキに舌鼓を打ちました☆

P1030169.jpg
話題盛りだくさんで、結局モダナークさんに6時間以上も居座っちゃいましたね


P1030170.jpg
はなえさんによる「An introduction to Peace Study」

P1030171.jpg
卒業生は色紙をいただきましたー!ありがとうございます!

P1030176.jpg
二次会カラオケもかなりの盛り上がりで楽しかったです

P1030181.jpg
ど迫力のPiano Girlしおりん。

P1030183.jpg
MANAバンド

取り急ぎやったのでどなたでも文章や写真の付け足しお願いします…


(タケシ)

9・10MANA勉強会

12時半よりUNITYの共同研究室にて行いました。
テーマはいつもより広く漠然としていますが「貿易と経済」でした。
各自が興味のあるテーマをプレゼンし、今回も質疑応答や日ごろの疑問、横道に逸れた話などで大いに盛り上がりました。

P1020338.jpg


P1020342.jpg


P1020341.jpg


P1020343.jpg


発表するって簡単そうで難しい…
個人的には自分の論理性のなさに凹みました(笑)
就職にあたって面接が心配だ…

以下、澤さんの感想より。

●竹本さんの「ODAと貯蓄」のところで言っていた、ODAの環境アセスについては、90年代から事前評価が義務化されてるそうでした。だから何かしらの形でやってるはずなのですが、後で問題がでてきてから他国の研究機関が独自に調査してみると、問題だらけだったり…した事例もあるそうです。

●大西さんの「石油貿易と貧困」のところで、アラブの産油国内の所得格差って話が出ていたので、UNEPの人間開発報告書とかも見てみたのですが…なぜか産油国のデータだけ、傍線が引かれていて全然でていませんでした…なんでだろう。。

●高見沢さんや斧山さんのところにFTAの話が出ていて、労働の行き来の話も出てましたね。日経ビジネスの7月9日号にFTAの特集が組まれていて、フィリピン人の看護士とか介護士の受け入れで、遅れを取っている日本の厳しい制度がめっちゃたたかれてました。2007年の日本医師会の調査では看護師不足が全国で4万人に上るそうです。なんだか、最近の妊婦さんの受け入れ拒否のニュースとかと繋がって、大変だ。。。って思
いました。介護とかの現場ではフィリピン人職員にとっての日本語の難しさとか、生活習慣の違いがあって、でも忙しいのでそれに対処する余裕はないそうです。しかし、日本の高齢化を誰がケアするのか、と書いてあり、すごく考えさせられました。

●農業とFTAについても同誌に載っていて、日本の農家の、農産物の輸入自由化に対するスタンスにも最近変化があるとのことでした。オーストラリアとの交渉でも、農協は農産物の重要品目の自由化に猛反対していて、農家もまた然りでした。しかし、例えば北海道の農家の中には、「今回の日豪交渉をやりすごしても、いつかは同じ問題に直面する。保護関税を続けるだけで北海道の農業が復活するわけではない。結局、国民に選ばれる農作物を作らなければ、我々に明日はない」と仰ってたそうです。大手食品メーカーと協力して、商品開発をして販路を開いたり、コシヒカリや日本のおいしい農産物を中国に輸出したりなど、いろんな手を打っているみたいです。もはや反対一辺倒では立ち行かなくなるという危機感は静かに広まってるそうです。斧山さんが提案していた、直売所っていうのも実現するとすごく素敵ですよね!


どうしても来られない人が続出して7人だけの参加でしたが、次こそは全員集合でできたらいいですね!承知の通り、MTGや勉強会の予定はみんなが参加できるように代表ができるだけ早く調整していらっしゃいますが、それでもMANAはあまりに忙しい人が多く一同に集まれる機会ってそんなにないです。
集まりがあったら、決まったことと次の予定を必ず議事録としてすすんでメーリングを流すようにしましょう。議事録・レジュメなどもブリーフケースに入れておいていつでもプリントアウトできるようにしておくといいですね。来れなかった人は、最低限メーリングの反応はしてください参加可否などの質問があがった場合には、必ず全員が一両日中に回答を出すようにしましょう
チームとして物事を進めるための基本ですね


終了後は4人でネパリカレー(チキン)を食らいました。


待ちきれず鍋のまわりを取り囲むメンバー。
P1020346.jpg


完成近し。しかし、うちの調理台汚いなぁ…
P1020345.jpg


育ち盛り(?)ですから、4人で3合では足らず、4合炊けばよかったなと後悔。マサラと塩と野菜の水分と素材のうまみでこんなにいい味出せるなんて感激です次は豪華にシーフードカレーにチャレンジですね!
P1020348.jpg

みんなで話し合いました

とくもとです。先日24日の活動について報告します。
この日は、以前からあがっていた4つの疑問

1、現在の社会で何が起こっているのか?グローバリゼーションとは?
2、持続可能な開発って?
3、フェアトレード商品の価格構成はどうなっているのか?
4、「購入することが国際協力」の意味?

について、調べてきたことや自分の考えを出し合いながら、manaとしての見解をまとめていきました。それぞれがいろんな角度からの意見を発表しあい、なかなかに熱い議論をおこなうことができました。

その結果、

Q1、現在の社会で何が起こっているのか?グローバリゼーションとは?
A、「政治や経済、あるいは文化的な諸活動が国境を越えて展開し、各国内で創り上げられてきた制度や機構、慣習や規範、生活スタイルや娯楽などの諸様式を変化させ、近代において創り出された境界を解体している」
(伊豫谷登士翁氏によるグローバリゼーションの定義をmanaが解釈したもの)

グローバリゼーションの良い面
・遠くのモノ、金、人、情報が身近になる。
・より多くの人と、言葉を通じ合えるようになる。
・「より安く、より良いもの」を選択できるようになる。

グローバリゼーションの悪い面
・恩恵を受けるのはほんの一握りの人々。
・経済的植民地化状態がうまれている。
・独自性が失われ、世界が均質化している。
・テロの増加、国家の崩壊。

Q3(Q4と統合)、フェアトレード商品の価格とその意味
A、フェアトレード商品が一見高く思えるのは、①生産者が本来得るべき生産コスト②生産規模の小ささから来る流通コスト③無農薬栽培など「安全な食」への取組みから来るコスト、が含まれているからです。つまり、フェアトレード商品の価格は、公正な取引や食の安全への取組みの結果なのです。フェアトレード商品は決して特別なものではありません。
 また、政府がフェアトレード商品に対して援助金を出すことで、なるべく一般商品に近い値段で売ることができる体制を作っている国もあり(イギリスなど)、それらの国と比べると、日本ではフェアトレード商品に割高感があるようです。

となりました。

Q2については、私自身議論したものをまとめなおしているときに疑問に感じる点があったので、ここには書かないでおきます。

今回話し合ったものは、生協フェアトレードコーナーの側面にて掲示予定です。フェアトレードについてより深く考えてみたいという人たちに、見てもらえればと思います。

議論の様子

[マナ]5月14日ミーティング


 タケモトがまとめます。今日はたくさん見学の方が来てくれてよかったです。勉強会的なMTGでしたが、後で見学に来てくれた子と会って話聞いたら「全然堅苦しくなくてとてもいい雰囲気でした。来週も来たいです!」と言われました。限られた時間の中でしたが、


1、「持続可能」ってどういうこと?

2、現在の社会で問題になっていることは何なのか?(グローバリゼーション、南北問題に関して)

3、FT商品が高い理由

4、「購入することが国際協力になる」ってどういうこと?


といった先月
か ら挙がっていた「4つの疑問」についてみんなで報告会をしました。来週も生協のFTコーナーにどのようにまとめるかについて話し合います。告知したイベン ト参加できる人もいてうれしいです。3限目もなぜかMANAの延長で人生やらMANAの今後の方向性についてまったり話す時間となりました。ああいう密度 の濃い話し合いが週に1回でも継続できるといいですね。来週からはMTGの冒頭にMANAに身近な題材を取り上げたいと思ってますので、みんなのアンテナ 作りをできるようなブレインストーミングをしていきましょう。ではでは!


[マナ][勉強]第2回 MANA勉強会 2006/06/30

16時半から、第二回勉強会が外大学生会館第二会議室で行われました。 議題は「フェアトレードとは何か―表(利点)と裏(問題点)」と 聞いています。 プレゼン・討論はうまくいったのでしょうか? 勉強会班の方々、簡単にでも報告をあげていただければと思います。 武田
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みづの

  • Author:みづの
  • MANAは2005年7月、神戸市外国語大学の有志が中心となって組織した団体です。目的はフェアトレードの実践を通じてフェアトレードについて知識を深めることと大学内や地域におけるフェアトレードの普及でした。現在はフェアトレードだけでなく、貿易・開発・人権など様々な視点から物事を考える・学ぶ場として活動しています。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
神戸市外国語大学生協神戸市外国語大学生協

X-day
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。